栃木県道70号宇都宮今市線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
主要地方道
Japanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
栃木県道70号標識
栃木県道70号 宇都宮今市線
主要地方道 宇都宮今市線
路線延長 28.853 km
制定年 1977年
起点 栃木県宇都宮市桜5丁目【北緯36度33分54.6秒 東経139度52分3.6秒 / 北緯36.565167度 東経139.867667度 / 36.565167; 139.867667 (県道70号起点)
終点 栃木県日光市今市【北緯36度43分31.3秒 東経139度41分5.7秒 / 北緯36.725361度 東経139.684917度 / 36.725361; 139.684917 (県道70号終点)
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0119.svg 国道119号
Japanese Route Sign Number 2.svg
都道府県道2号標識
栃木県道2号宇都宮栃木線
Japanese Route Sign Number 3.svg
都道府県道3号標識
栃木県道3号宇都宮亀和田栃木線
Japanese National Route Sign 0293.svg 国道293号
Japanese National Route Sign 0121.svg 国道121号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

栃木県道70号宇都宮今市線(とちぎけんどう70ごう うつのみやいまいちせん)は、栃木県宇都宮市から日光市に至る県道主要地方道)である。

概要[編集]

宇都宮市街地の桜通り十文字から北西に伸び、城山地区(旧城山村)中心部および大谷観音南方を経由して国道121号日光例幣使街道)に合流、程なくして別れて長畑、日光市平ヶ崎の山間部を経由して日光市市街地(旧今市市)に至る。起点から国道293号が分かれる宇都宮市田野町交差点までの区間は宇都宮駅から来る関東自動車路線バスが多数運行されており、かつては日光例幣使街道を越えて日光市(当時:今市市)長畑までのバスが運行されていた[1]

なお計画段階のJR日光線は、本県道のルートに近い宇都宮 - 駒生 - 荒針(現:大谷町) - 栃窪 - 古賀志 - 文挟 - 今市案も浮上していたが、実現しなかった[2]

路線データ[編集]

全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML

歴史[編集]

路線状況[編集]

別名[編集]

大谷街道
起点の桜2丁目交差点から大谷交差点までの区間。宇都宮市街地から大谷観音までを結ぶ道路であることから。
※大谷街道としての終点は、大谷交差点から栃木県道188号大谷観音線を進み大谷寺東。

重複区間[編集]

路線バス[編集]

 駒生線
 宇都宮駅西口発のほかにも、瑞穂野団地・東汗・卸会館・本郷台西汗・上三川車庫・富士見ヶ丘団地・済生会病院・宇都宮グリーンタウン・今里・玉生・平出工業団地発の便もあるが、すべて県道70号を経由する。
宇都宮駅西口東武駅前~桜通り~作新学院前~中丸公園前
 大谷・立岩線
 宇都宮駅西口~東武駅前~桜通り~作新学院前~大谷橋
 荒針・鹿沼線
 宇都宮駅西口~東武駅前~桜通り~作新学院前~大谷橋~田野町

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

宇都宮市宝木町1丁目付近
宇都宮市古賀志町付近
日光市千本木付近

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 宇都宮市 編 1992, p. 371.
  2. ^ 宇都宮市 編 1992, p. 364.
  3. ^ 池田 2012, pp. 289–290.
  4. ^ 池田 2012, p. 376.
  5. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省
  6. ^ 路線図・停留所-関東自動車

参考文献[編集]

  • 池田正夫 『古賀志の里歳時記 橿と桜は夫婦なり』随想舎、2012年3月30日、391頁。ISBN 978-4-88748-257-9 
  • 宇都宮市 編 編 『改訂 うつのみやの歴史』宇都宮市、1992年3月31日、418頁。 NCID BN07977757 
  • 栃木県県土整備部道路保全課 『道路現況調書 平成19年4月1日現在』、2008年

関連項目[編集]