松波総合病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 松波総合病院
Matsunami.jpg
情報
英語名称 Matsunami General Hospital
前身 松波病院
許可病床数

501床


一般病床:501床
機能評価 一般200床以上500床未満:(3rd:Ver10)
開設者 社会医療法人蘇西厚生会
管理者 松波和寿(病院長)
開設年月日 1902年
所在地
501-6062
岐阜県羽島郡笠松町田代185番地の1
二次医療圏 岐阜
PJ 医療機関
テンプレートを表示

松波総合病院(まつなみそうごうびょういん)は、岐阜県羽島郡笠松町にある民間の病院である。社会医療法人蘇西厚生会が運営する。近くには関連施設の「まつなみ健康増進クリニック」「介護老人保健施設」「まつなみリサーチパーク(医学研究所)」がある。

概要[編集]

  • 岐阜県にある民間の病院では最大規模であり、地域中核の社会医療法人の病院として「地域住民の皆様に安全で質の高い医療・福祉を効率的かつ継続的に提供する」ことを理念に掲げている。
  • 1997年に民間初の生体肝移植を行なう。
  • 病床数は501床あり、内訳としてICU8床、HCU20床、一般病棟294床、回復期リハビリテーション病棟60床、地域包括ケア病棟60床、障害者病棟59床で、診察科は29科ある。
  • 地域医療支援病院、災害拠点病院(地域災害医療センター)、岐阜DMAT指定病院に指定され、2次救急病院として羽島郡、岐阜市南部、羽島市、各務原市、愛知県一宮市等の救急医療に対して24時間速やかに対応している。

主な指定[編集]

  • 岐阜県救急告示病院
  • 岐阜県災害拠点病院(地域災害医療センター)
  • 岐阜DMAT指定病院
  • 岐阜県特定不妊治療費助成事業医療機関
  • 岐阜県高次脳機能障害支援事業協力医療機関
  • 地域医療支援病院
  • 保険医療機関
  • 臨床研修指定病院
  • 労災保険指定医療機関
  • 生活保護法指定医医療
  • 結核予防法指定医療機関
  • 母子保護法指定医療機関
  • 指定難病指定医療機関
  • 指定小児慢性特定疾病医療機関
  • 指定自立支援医療機関(更生医療)
  • 指定自立支援医療機関(育成医療)
  • 指定自律支援医療機関(精神通院医療)
  • 身体障害者福祉法指定医療機関
  • 原子爆弾被害者一般疾病医療取扱医療機関
  • 日本医療機能評価機構認定病院
  • 卒後臨床研修評価機構認定病院
  • DPC対象認可病院
  • 開放型病院
  • 次世代育成支援対策推進法第13条に基づく基準適合一般事業主(くるみん)

関連施設[編集]

  • まつなみ健康増進クリニック
  • 松波総合病院介護老人保健施設
  • 松波総合病院介護老人保健施設 通所リハビリテーション
  • まつなみケアプランセンター
  • まつなみ訪問看護ステーション
  • まつなみ訪問介護ステーション
  • まつなみリサーチパーク(文部化学省「化学研究費補助金取扱に規定する研究機関」指定施設)

沿革[編集]

  • 1902年(明治35年)松波病院を開設
  • 1911年(明治44年)稲葉郡加納町(現在の岐阜市加納)に加納町病院を再開設
  • 1933年(昭和 8年)羽島郡笠松町に松波外科医院として開設
  • 1947年(昭和22年)松波病院を開設(病床数20床)、松波外科医院は廃業
  • 1957年(昭和32年) 医療法人蘇西厚生会を設立
  • 1977年(昭和52年)CT装置を国内3番目に導入
  • 1979年(昭和54年)松波病院病床数 250床に増床
  • 1982年(昭和57年)職員向け託児所『託児所エンゼル』開設
  • 1988年(昭和63年)松波総合病院を新築移転・開設(病床数437床)、松波病院を廃止。
  • 1988年(昭和63年)旧松波病院の施設を改修し、老人保健施設(現:介護老人保健施設)を開設(定員146人)
  • 1988年(昭和63年)松波総合病院附属診療所を開設(病床数19床)
  • 1988年(昭和63年)MRI(1.5テスラ)を導入(東海地区初)
  • 1988年(昭和63年)コンピューターによるIBMオーダーリングシステムを国内2番目に開始
  • 1992年(平成 4年)笠松町より笠松町在宅介護支援センターまつなみを受託
  • 1994年(平成 6年)厚生省より臨床研修病院として指定
  • 1995年(平成 7年)体外受精成功(岐阜県内初)
  • 1997年(平成 9年)生体肝移植手術成功(世界の民間病院初)
  • 1998年(平成10年)まつなみ訪問看護ステーションを開設
  • 2000年(平成12年)松波総合病院附属診療所 通所リハビリテーション リハビリケアまつなみを開始(定員40人)
  • 2000年(平成12年)居宅介護支援事業所まつなみを開設
  • 2002年(平成14年)まつなみ健康増進クリニックを開設(病床数:人間ドック用10床)、松波総合病院附属診療所を廃止
  • 2002年(平成14年)松波病院病床数 436床に減床
  • 2002年(平成14年)松波総合病院居宅介護支援事業所を開設
  • 2003年(平成15年)回復期リハビリテーション病棟を開設(病床数55床)
  • 2004年(平成16年)日本医療機能評価機構 病院機能評価Ver4認定
  • 2004年(平成16年)新医師臨床研修病院として指定
  • 2005年(平成17年)まつなみ在宅総合ケアセンターを開設
  • 2005年(平成17年)まつなみ訪問介護ステーションを開設
  • 2005年(平成17年)救急救命集中治療センターを開設
  • 2005年(平成17年)人間ドック・健診施設機能評価認定
  • 2006年(平成18年)DPC(診断群分類別定額支払方式)対象病院
  • 2006年(平成18年)笠松町在宅介護支援センターまつなみ 名称変更 → まつなみケアプランセンター
  • 2006年(平成18年)居宅介護支援事業所まつなみ 名称変更 → まつなみケアプランセンター
  • 2007年(平成19年)特定医療法人として承認
  • 2007年(平成19年)『託児所エンゼル』新築移転
  • 2007年(平成19年)ICUを開設
  • 2007年(平成19年)病床数減床(434床)
  • 2008年(平成20年)CCUを開設
  • 2007年(平成20年)病床数減床(432床)
  • 2008年(平成20年)社会医療法人として承認(国内3番目)
  • 2008年(平成20年)法人管理センター新築
  • 2008年(平成20年)卒後臨床研修評価機構認定病院認定
  • 2008年(平成20年)SPECT-PET導入
  • 2009年(平成21年)日本医療機能評価機構 病院機能評価Ver5認定
  • 2010年(平成22年)320列マルチスライスCT装置導入
  • 2010年(平成22年)手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」導入
  • 2011年(平成23年)岐阜DMAT指定病院に指定
  • 2011年(平成23年)災害拠点病院(地域災害医療センター)に指定[1]
  • 2011年(平成23年)手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」による手術成功(岐阜県内初)
  • 2012年(平成24年)外国人看護師候補者2名受入(インドネシア:男性1名、女性1名)
  • 2012年(平成24年)地域医療支援病院の承認を受ける
  • 2012年(平成24年)対外衝撃波疼痛治療装置「ドルニエEpos Ultre」導入
  • 2013年(平成25年)内視鏡手術支援ロボット「ダ・ヴィンチSi」導入(国内2例目、岐阜県下1例目)※「ダ・ヴィンチS」からのバージョンアップ 
  • 2013年(平成25年)手術支援ロボット「ダヴィンチSi」を使用した肝臓切除術 県内初成功
  • 2013年(平成25年)まつなみリサーチパーク設立
  • 2013年(平成25年)松波総合病院障害者短期入所事業所を開設
  • 2014年(平成26年)電子カルテシステムを導入
  • 2014年(平成26年)日本病院機能評価機構 病院昨日評価(3rdG:Ver.1.0)
  • 2014年(平成26年)手術支援ロボット「ダヴィンチSi」を使用した子宮全摘出手術 院内第一例目実施
  • 2014年(平成26年)外国人看護師候補者1名 看護師国家試験合格(インドネシア:女性1名)
  • 2014年(平成26年)ノースウイング(北館)を竣工(許可病床数445床・稼働病床数432床)、既存の建物をノースウイング(南館)と名称
  • 2014年(平成26年)MRI(3.0テスラ)を導入
  • 2014年(平成26年)北館内にハイブリッド手術室を完備
  • 2014年(平成26年)ドクターヘリでの救急搬送第1号(7月29日)
  • 2014年(平成26年)HCUを開設(20床)、CCU廃止
  • 2014年(平成26年)地域包括ケア病棟を開設(55床)
  • 2014年(平成26年)学校法人朝日大学との教育・研究・医療活動に関する包括的連携協定の締結
  • 2015年(平成27年)ノースウイング(南館)改修に伴い、病床数増床(501床)、障害者病棟を開設(59床)
  • 2015年(平成27年)学校法人聖徳学園との包括的な連携協定の締結
  • 2015年(平成27年)岐阜県子育て支援企業に登録
  • 2015年(平成27年)仕事と子育ての両立支援に積極的に取り組む企業」として2015年度岐阜県で第1号のくるみんマーク取得(4度目の認定)
  • 2015年(平成27年)ブライダルチェック外来 開設
  • 2015年(平成27年)まつなみリサーチパーク 「在宅医療支援システム」特許取得
  • 2015年(平成27年)まつなみリサーチパーク 科学研究費補助金取扱規程第2条第8項に規定する研究機関に指定(県内初)
  • 2015年(平成27年)まつなみリサーチパーク「採血・検査一体型デバイス」特許取得
  • 2015年(平成27年)第26回VHJ(Voluntary Hospitals of Japan)研究会職員交流会主催
  • 2015年(平成27年)学校法人神野学園 岐阜医療科学大学との連携包括協定の締結
  • 2015年(平成27年)ヒト型ロボット「Pepper(ペッパー)」を導入
  • 2016年(平成28年)まつなみリサーチパーク「消化管デバイス」特許取得
  • 2016年(平成28年)4月 松波総合病院 松波 和寿 病院長 就任、松波総合病院介護老人保健施設 永田 眞敏 施設長 就任

診察科[編集]

  • 内科
  • 内分泌・代謝内科
  • 消化器内科
  • 循環器内科
  • 呼吸器内科
  • 腎臓内科
  • 血液内科
  • 神経内科
  • 外科
  • 呼吸器外科
  • 消化器外科
  • 心臓血管外科
  • 整形外科
  • 脳神経外科
  • 形成外科
  • リウマチ科
  • 小児科
  • 皮膚科
  • 泌尿器科
  • 産婦人科
  • 眼科
  • 耳鼻咽頭科
  • 大腸肛門科
  • 救急科
  • メンタルケア科(精神科)
  • リハビリテーション科
  • 放射線科
  • 麻酔科
  • 病理診断科

交通機関[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 岐阜県、新たに5病院災害拠点に中日新聞2011年10月27日付、岐阜県地震災害等医療救護計画 (PDF) (岐阜県、2011年10月)12頁、いずれも2011年10月31日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度21分46.16秒 東経136度45分28.4秒 / 北緯35.3628222度 東経136.757889度 / 35.3628222; 136.757889