東洋大学朝霞キャンパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東洋大学 > 東洋大学朝霞キャンパス


東洋大学朝霞キャンパス(とうようだいがくあさかきゃんぱす)は、東洋大学のキャンパスである。1977年に開設されたが、2021年にはすべての学部が撤退予定となっている。

概要[編集]

朝霞キャンパスの様子

所在地は埼玉県朝霞市岡48-1。元々は文系5学部(文学部、経済学部、経営学部、法学部、社会学部)の1、2年次用として開発されたキャンパスである。2005年に文系5学部の白山移転が実施されたため、現在はライフデザイン学部のキャンパスとして使用されている。今後大幅な再開発を実施する予定となっている。また、朝霞1号館(岡2-11-10)に設定されていた所在地表記を2006年4月1日より東洋大学朝霞事務部の入る朝霞図書館研究管理棟(岡48-1)へ変更した。なお、文系5学部移転後、1号館および3号館は使用されていない。

使用学部はライフデザイン学部、大学院は大学院福祉社会デザイン研究科ヒューマンデザイン専攻が設置されている。

歴史[編集]

文学部のみの単科大学から複数の分野を網羅する総合大学へ脱皮するにあたって、キャンパスの面積不足は大きな課題であった。当初、工学部も含めて、全てを白山キャンパスに設置する予定でいたが[要出典]、面積の問題からかなわず、川越市長伊藤泰吉の熱心な働きかけによって[1]工学部を川越市に設置することとなった。その後、文系学部の増強に伴って文系各学部の教養課程を分離することが必要となった。当初は川越キャンパスをそれにあてる予定であったが学生運動の影響により、断念することとなる。しかし、1966年の経営学部設置認可は教養課程の分離を前提としてなされていたことから早急に対応する必要があり、朝霞市郊外の黒目川河畔の広大な土地を地権者から譲渡されることとなり、朝霞キャンパスの整備計画がスタートした。

東洋大学では、当初は現在2号館のある校地のみを使用してキャンパスを整備する予定でいた。しかし、朝霞キャンパス建設予定地は市街化調整区域となっており、区域変更ないしは公的建築物としての特例認可の手続きが必要であった。東洋大学では速やかに建築許可がなされると考えていたが、河川整備のなされていない黒目川河畔であったことから国の許諾がなかなか降りず、進出計画は難航してしまった。しかし、前述の通り、経営学部の設置認可特認の手前、早急な新キャンパス開設が求められ、急遽市街化地域に土地を入手して、1号館を建設、1977年から文系5学部の教養課程(ただし文学部は一部講義のみ)を朝霞キャンパスで開講できる運びとなった。その後に特例認可がなされ、2号館を設置、キャンパスとして本格的に稼動することとなる。

朝霞キャンパス設置当時は郊外型キャンパスの人気が高く、環境のよい朝霞キャンパスは東洋大学の志願者増に貢献した。ところがバブル崩壊後、受験生の都心回帰傾向が強まり、さらに大学全入時代を迎えると朝霞キャンパスと白山キャンパスに分断されていることがデメリットとなってしまった。そこで東洋大学では白山キャンパスの再開発事業を実施、近隣の土地を取得して2005年から再度文系5学部を白山キャンパスへ集中させた。

東洋大学の当初計画では、市街化調整区域に存在していてこれ以上の拡張が望めない朝霞キャンパスは、現在設置されている体育館などの体育関連施設および学生サークル用施設を残し、他の施設は解体、教育・研究施設としての機能は廃止する予定でいた。学生数の減少による朝霞台駅北朝霞駅)周辺の商業的なデメリットを憂慮した朝霞市は、キャンパス機能の維持に対して陳情活動が数回実施された。朝霞市による学生利用に適した道路整備など、これまで構築されてきた朝霞市との良好な関係を考慮した東洋大学では新学部を設置することで教育・研究施設としての機能を維持することを決定、2005年の文系5学部白山集中化と同時に朝霞キャンパスにライフデザイン学部を設置した。

しかし、少子化2018年問題の影響は避けられず、2017年9月に東洋大学赤羽台キャンパスを拡張してすべての学部を2021年を目途に移転することを発表した。体育施設のみを残置し、事実上の撤退となる。

2018年には朝霞台中央総合病院がTMGあさか医療センターと改称して元東洋大学の敷地に新築移転し、446床の新病院となった[2]

学部[編集]

  • ライフデザイン学部
    • 生活支援学科
      • 生活支援学専攻
      • 子ども支援学専攻
    • 健康スポーツ学科
    • 人間環境デザイン学科

大学院[編集]

  • 福祉社会デザイン研究科
    • ヒューマンデザイン専攻

施設[編集]

朝霞キャンパス2号館
朝霞キャンパス研究管理棟
  • 1号館:キャンパス設置時に建設された3階建ての校舎で、真裏は住宅地である。キャンパス開設当初に建設された最も古く、駅から遠い校舎だが、現在は使用されていない。1階に書店があり、新年度始めにはここで教科書の一斉販売が行われていた。
  • 2号館:3階建てのメイン校舎。大講義室のほか、ゼミで使用する少人数教室やLL教室が設置されている。ライフデザイン学部開設に伴い、一部の教室は実習室へ改装された。全体として古さが見えるのは否めなく、建て替えを視野に入れた再開発はこの校舎の扱いを中心に検討されている。また、この校舎の地下にはかつてサークル部室が存在していたが、現在は使用禁止となっている。
  • 3号館:市街化調整区域で校舎の増築がなかなか認められないことから1号館の隣に急遽取得した土地に建てられた校舎である。音響機器や衛星通信による遠隔講義に対応した2つの大講義室と大学生協が設置されていたが、現在は使用されていない。
  • 4号館:かつては存在したプレハブ校舎。当初は体育科目の講義や社会学部の演習で使用されていたが、その後は音楽系サークルの練習場として使用された。5号館の設置に伴い、建築基準法の問題から取り壊され、跡地は芝生として整備されている。ここの公衆電話は学内で一番空いているとされ、携帯電話普及前には重宝がられた。
  • 5号館:朝霞キャンパスで最も新しい3階建ての校舎。情報実習用に建てられた校舎である。コンクリート打ちっぱなしのデザインは東洋大学の卒業生の手によるもの。
  • 研究管理棟:東洋大学朝霞事務部の入る3階建ての建物。当初は事務部のほか、文学部・社会学部専任教員用の研究室が割り当てられていた。現在、研究室は空きスペースとなっている。
  • 研究指導棟:東洋大学専任教員の研究室がある。文系5学部が朝霞にあった時代には白山と朝霞の研究室でも全専任教員用の研究室を満たすことができず、この建物が新規に建てられた。5階建てで1階は吹きさらしの屋外広場となっている。ライフデザイン学部の全専任教員の研究室が入るほか、大学院の演習や共同研究室としても使用されている。
  • 図書館棟:東洋大学図書館朝霞分館の入居する3階建て。2階から入場する形式となっている。この建物の地下には食堂があり、TBS系のテレビドラマ「HOTEL」で社員食堂シーンを撮影する際に使用されていた。
  • コミュニティセンター:公認サークルおよび体育会各部の部室が入居する4階建ての学生会館。1階には演劇サークル用に多目的ホールがあり、2階には会議室と演劇サークル用の練習室、メディアサークル用の音響室が設けられている。
  • 総合体育館:体育系の講義と体育会の練習設備として使用される3階建ての建物。剣道場、柔道場、卓球場、レスリング場などのほか、フィットネスクラブで使用されている各種運動器具が配置されたトレーニングルームが設置されており、東洋大学の学生教職員であれば、一定の講習を受けることで自由に使用することができる。

特徴[編集]

  • 開設当初は文系5学部の教養課程を担当する目的であったことから体育施設が充実しているほか、語学用の少人数教室が多く配置されている。
  • 現在でも市街化調整区域となっているため、周辺の開発が進まない反面、キャンパスの拡張にも制約があり、再開発の計画は思うように進んでいない。
  • 5階建ての研究指導棟は東武鉄道の電車からもよく見え、朝霞市北部のランドマーク的な存在となっている。

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『東洋大学百年史』 通史編Ⅱ、404-411頁
  2. ^ 北朝霞・朝霞台駅からの送迎バスがあるが、高齢者向けの医療療養型病床や介護医療院病床は2018年現在は存在していない。また牽引治療、電気治療等については外部医療機関への紹介となる。

外部リンク[編集]