伊藤泰吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 泰吉(いとう たいきち、1899年明治32年)12月17日 - 1965年昭和40年)7月31日)は、日本の政治家朝鮮総督府官僚川越市長(6期)。

略歴[編集]

埼玉県入間郡川越町(現川越市)で生まれる[1]第一高等学校を卒業。1924年11月、文官高等試験行政科試験に合格。1925年東京帝国大学法学部政治学科を卒業。朝鮮総督府に入府し平安南道庁に配属された[1][2]

以後、忠清北道学務課長、忠清北道警察部長、慶尚北道警察部長、総督府警務局警務課長、同総督官房人事課長、同司政局勅任事務官などを歴任[1][3]。その後、1942年10月23日、同府専売局長に就任[4]1943年12月1日に専売局が廃止され同府事務官に就任[5]1944年8月17日、同府逓信局長に就任し終戦を迎えた[4]

1946年10月7日、川越市長に就任。1947年に公選初代の市長に選出され、市長を連続6期務めた。この間、近隣町村との合併、公共施設の整備、町名整理の実施、財政再建、都市計画の策定などに尽力した。1965年7月、在任中に急逝した[1]

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『日本の歴代市長』第1巻、690頁。
  2. ^ 『日本官僚制総合事典1868-2000』第2版、244頁。
  3. ^ 『人事興信録』第14版 上、イ65-66頁。
  4. ^ a b 『日本官僚制総合事典1868-2000』第2版、132頁。
  5. ^ 『官報』第5067号、昭和18年12月2日。

参考文献[編集]

  • 川越市名誉市民川越市役所
  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第1巻、歴代知事編纂会、1983年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典1868-2000』第2版、東京大学出版会、2007年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第14版 上、1943年。