橋本定五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
橋本 定五郎

橋本 定五郎(はしもと さだごろう、1880年明治13年)3月7日[1] - 没年不明)は、日本医師[2]外科[3])、政治家・第6代埼玉県川越市[4]実業家。川越同仁社長[3][5]

人物[編集]

青森県八戸市十三日町生まれ[3]。長助の五男[3]東京帝国大学医科大学卒業[注 1]。医師開業[1]1923年、川越市医師会長就任[1]1926年、川越産婆看護婦学校長就任[1]。川越産院長就任[1]

1930年、埼玉県医学会頭就任[1]1933年、川越脳病院管理者就任[1]1935年、川越市長就任[1]1936年武州瓦斯監査役就任[1]

宗教は浄土宗[3][5]。趣味は書画盆栽[3][5]。住所は川越市大字小仙波[1][2]

家族・親族[編集]

橋本家 

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 卒業年は『全国市長銘鑑 自治制実施五十周年記念』では「明治三十九年」、『大衆人事録 第12版 北海道・奥羽・関東・中部・外地・満州・支那・海外篇』では、「明治四十年」である。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 『全国市長銘鑑 自治制実施五十周年記念』22頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月16日閲覧。
  2. ^ a b 『日本紳士録 第36版』埼玉ハ、ヒの部14頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月16日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『大衆人事録 第12版 北海道・奥羽・関東・中部・外地・満州・支那・海外篇』埼玉22頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月16日閲覧。
  4. ^ 歴代市長川越市公式サイト。2018年9月16日閲覧。
  5. ^ a b c 『大衆人事録 関東・奥羽・北海道篇』埼玉31頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年7月15日閲覧。

参考文献[編集]

  • 交詢社編『日本紳士録 第36版』交詢社、1932年。
  • 帝国自治協会『全国市長銘鑑 自治制実施五十周年記念』帝国自治協会、1938年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第12版 北海道・奥羽・関東・中部・外地・満州・支那・海外篇』帝国秘密探偵社ほか、1938年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 関東・奥羽・北海道篇』帝国秘密探偵社ほか、1940年。