末松則子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
末松 則子
すえまつ のりこ
生年月日 (1970-11-14) 1970年11月14日(49歳)
出身校 名古屋造形芸術短期大学
前職 三重県議会議員
所属政党無所属→)
自由民主党→)
無所属
親族 父・末松充生(三重県議会議員)
公式サイト 笑顔あふれる 鈴鹿のみらい 末松のりこ

当選回数 3回
在任期間 2011年5月1日 - 現職

選挙区 鈴鹿市選挙区
当選回数 2回
在任期間 2003年4月 - 2011年
テンプレートを表示

末松 則子(すえまつ のりこ、1970年11月14日 - )は、日本政治家三重県鈴鹿市(3期)。元三重県議会議員(2期)。 父親は三重県議会第90代議長をつとめた末松充生[1]

来歴[編集]

本籍地は三重県鈴鹿市。鈴鹿市立神戸小学校、鈴鹿市立神戸中学校、三重県立神戸高等学校名古屋造形芸術短期大学卒業。1991年4月、造園会社に就職[2]

2003年4月13日執行の三重県議会議員選挙に無所属で出馬し、初当選。2007年4月の県議選においては、自由民主党公認で出馬。2期目の当選を果たす。

2011年4月24日執行の鈴鹿市選挙に無所属で出馬する。同じく無所属新人の明石孝利、杉本信之らの候補者を接戦の末破り初当選を果たした(末松:34,889票、明石:31,394票、杉本:20,750票)。同年5月1日、鈴鹿市長に就任。

2013年5月、内閣府男女共同参画会議監視専門調査会専門委員に就任[2]

2015年、杉本信之を大差で破り再選。2019年、無投票により3選[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]