名古屋造形芸術短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

名古屋造形芸術短期大学(なごやぞうけいげいじゅつたんきだいがく)は、かつて愛知県小牧市にあった私立の短期美術大学。運営母体は、学校法人同朋学園

1990年4月に、4年制の名古屋造形芸術大学が、同じ敷地内に開校。しばらくは並存する形で運営されていたが、2003年4月に廃止。名古屋造形芸術大学の1学部として、存続する事となった。

沿革[編集]

  • 1967年4月 - 名古屋造形芸術短期大学開学。
    • 造形芸術科。コースは6コース(日本画洋画、彫塑(ちょうそ)、ビジュアルデザイン、プロダクトデザイン)。定員50名。
  • 1973年4月 - 定員を150名に増員
  • 1975年4月 - 染色コース開設
  • 1981年4月 - 造形芸術科を2つ(絵画・彫塑専攻、デザイン・工芸専攻)に分離。プロダクトデザインを環境デザインに改称。インテリアデザインコース開設。定員を240名に増員。
  • 1983年4月 - インテリアデザインコース受講が2級建築士受験資格認定対象に
  • 1985年4月 - 小牧市大草にキャンパス移転。造園デザインコース開設。
  • 1986年4月 - 彫塑コースを彫刻コースに改称。造園デザインコースをランドスケープデザインコースに改称。インターメディア(総合芸術)コースを開設。定員を420名に増員。
  • 1990年4月 - 4年制の名古屋造形芸術大学が同じ敷地内に開校。聴講生制度開設。彫刻コースが廃止され、名古屋造形芸術大学に移行開設。定員を320に増員。
  • 1992年4月 - 編入学制度開設。聴講生を科目等履修生に名称変更。科目等履修生制度と研究生制度が発足。
  • 1995年4月 - 全コースが学芸員資格認定対象に
  • 2000年4月 - 2専攻8コースを2専攻6コース(日本画、洋画、インターメディア、ビジュアルデザイン、住・環境デザイン、工芸デザイン)に変更。定員を190名に縮小。
  • 2002年4月 - 2専攻6コースを2専攻4コース(絵画、インターメディア、ビジュアルデザイン、スペース&クラフトデザイン)に変更。
  • 2003年4月 - 名古屋造形芸術大学短期大学部と改称。定員110名に縮小。
  • 2007年3月 - 学生募集を停止

学部・学科[編集]

  • 造形芸術科
    • 絵画・彫塑専攻
    • デザイン・工芸専攻

取得資格・免許状[編集]

施設[編集]

  • 造形芸術センター
  • 国際交流センター
  • 社会交流センター
  • 図書館

著名な出身者[編集]

姉妹校[編集]

編入・進学実績(名古屋造形芸術短期大学含む)[編集]

  • 造形芸術科:名古屋造形芸術大学ほか

所在地[編集]

  • 愛知県小牧市大字大草字年上坂(おおくさ あざ ねんじょうざか)6004

交通手段[編集]

こまき巡回バスの温水プール・大草コースの造形大学前停留所下車、徒歩1分。

周辺[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]