服部銈二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

服部 銈二郎(はっとり けいじろう、大正10年(1921年7月3日 - 平成25年(2013年6月9日)は日本地理学者。専門は都市地理学地誌学、アーバン・アメニティ論[1]立正大学名誉教授、日本地理学会名誉会員、日本都市学会顧問、アーバン・アメニティ研究所所長。

経歴[編集]

大正10年(1921年)7月3日、東京府東京市牛込区に生まれた[1]。間もなく南足立郡千住町に移り、千住町立千寿第一小学校(足立区立千寿本町小学校に統合)に入学した。短歌を趣味とする母の旅行に年数回連れられる内、自身も旅行好きとなり、高学年には一人で日本各地を旅行するようになった[2]

東京府立第七中学校(東京都立墨田川高等学校)在学中、校友会雑誌に「奥羽地方の交通」「伊豆半島西海岸をめぐりて」を発表した。東京府立大泉師範学校(後東京第三師範学校)で地理学を専攻すると、2万5千分1地形図を片手に武蔵野を歩き回り、また池袋駅周辺の商店街の分布を調査し、「外郭的都心としての池袋付近の研究」を卒業論文とした[2]。同校専攻科に進学し、ポール・ヴィダル・ドゥ・ラ・ブラーシュ環境可能論に傾倒した[2]

昭和17年(1942年)3月卒業後、下谷区立東盛小学校(台東区立東泉小学校に統合)訓導に就職した。昭和18年(1943年)2月軍に召集され、中国に渡り、華北華南の地理的対比を実感した[2]。昭和21年(1946年)8月復員し、台東区立東泉小学校教諭。

昭和22年(1947年)4月立正大学地理学科に入学した。永井荷風『日和下駄』を真似、軍靴と雑嚢を以って地形の露わになった東京を歩き回り、下町山の手の構図、その結節点としての坂道の機能に興味を持った[2]。昭和25年(1950年)12月卒業、昭和26年(1951年)4月東京都立葛飾野高等学校教諭になった。

昭和30年代に高度経済成長が始まると、田中啓爾の下、川崎市工業化を研究し、次に首都圏都市問題を追究した[2]。こうして都市地理学に傾斜して行くが、これには自身が蛇が苦手なことも影響したという[1]

昭和41年(1966年)4月、立正大学文学部助教授に就任。11月、「東京都における中心地の研究」により東京教育大学理学博士[3]。博士論文の主査は尾留川正平が務めた[4]。昭和44年(1969年)『大都市地域論』を著し、昭和47年(1972年)日本都市学会賞受賞[5]

昭和47年(1972年)、上野桜木のダイユウビル一室にアーバン・アメニティ研究所を設立し、地域診断学と称して、浅間温泉を皮切りに日本各地の観光地、商業地域のコンサルティング事業を行った[6]

立正大学においては、地理学科主任、図書館長、大学院研究科委員長を歴任し、平成4年(1992年)退官した[3]。また、東京教育大学専修大学山梨大学埼玉大学筑波大学琉球大学でも非常勤講師として教鞭を執った[3]

学会では、関東都市学会会長を経て、平成9年(1997年)から平成13年(2001年)まで日本都市学会会長を努め、関東都市学会による会費滞納問題に取り組んだ[1]

平成25年(2013年)6月9日朝死去し、自宅近くの竜泉一丁目正燈寺において、立正大学名誉教授大塚昌利を委員長として葬儀が行われた[1]

著書[編集]

  • 『大都市地域論』古今書院、1969年
  • 清水馨八郎共著『大都市の魅力 大都市魅力度調査報告書』大都市企画主管者会議、1969年
  • 清水馨八郎共著『都市の魅力』<SD選書鹿島研究所出版会、1970年
  • 『都市化の地理』古今書院、1973年
  • 杉村暢二共著『商店街と商業地域』古今書院、1974年
  • 『都市と盛り場 商業立地論序説』同友館、1977年
  • 『盛り場 人間欲望の原点』鹿島出版会、1981年
  • 『都市の表情 らしさの表現像』古今書院、1984年
  • 『都市を読む地域を視る 都市診断学』同友館、1988年
  • 『東京を地誌る 江戸からの東京・世界の東京』同友館、1990年
  • 『都市 人類最高の傑作』古今書院、1992年
  • 『観光列島診断スーパーマニュアル 観光地の魅力測定法』たいせい、1992年
  • 『都市診断ケーススタディ』同友館、1995年
  • 『教養の都市地理学』古今書院、1997年
  • 浅草上野物語 江戸・東京、原点のまちの物語』アーバンアメニティー研究所、2003年
  • 『服部銈二郎都市選集』古今書院、2010年
  • 『現代日本の地域研究』古今書院、2011年

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 服部銈二郎顧問がご逝去」『日本都市学会ニュース』No.36、2013年
  2. ^ a b c d e f 服部銈二郎「吾が地理学の研究とその思想的遍歴」『立正大学文学部論叢』34、立正大学文学部、1969年
  3. ^ a b c 壽圓晋吾「服部銈二郎先生をお送りする」『立正大学文学部論叢』95、立正大学文学部、1992年
  4. ^ 東京教育大学理学部地理学教室(1977)"東京文理科大学・東京教育大学地理学関係学位授与者一覧"東京教育大学地理学研究報告.XXI:23-27.(25ページより)
  5. ^ 日本都市学会賞
  6. ^ アーバンアメニティ研究所

外部リンク[編集]