月刊WEDGE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
月刊Wedge
ジャンル 総合情報誌
読者対象 ビジネスマン
刊行頻度 月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 500円
出版社 ウェッジ
雑誌名コード 009
発行部数 136,204[1]部(2012/10 - 2013/9)
ウェブサイト 月刊WEDGE
特記事項 基本的に読者直販誌である。

月刊Wedge(げっかんウェッジ)とは、株式会社ウェッジから出版されている総合情報誌である。

概要[編集]

1989年創刊。毎月20日発売。定価500円(東海道・山陽新幹線グリーン車では無料配布)。年間定期購読料4,920円。タイトルは、英語で「くさび」を意味する。

グリーン車の主要顧客である「アッパーミドルクラスビジネスパーソン」を想定読者としている[2]

2008年7月号より、ロゴマークや誌面を一新し、従来の「ビジネス情報誌」という呼称を「総合情報誌」に変更した。2014年7月号より、ロゴマークを再び変更し、誌名も「WEDGE」から「Wedge」に変更した。

新幹線のグリーン車内配布でありながら、旅行雑誌ではなく、鉄道旅行といった本業にかかわる記事はむしろ稀である。アパホテルも同様の方式を採用し、両社とも報道機関ではないが、言論活動に励んでいる。

新幹線車内では、別に『ひととき』を旅行雑誌として用意しているが、無料配布しているのは、やはりグリーン車のみである[注 1]

同社が発行するWEBマガジン「WEDGE Infinity」で、一部の記事を読むことができる。また、2013年10月より、雑誌の好評だった記事を電子書籍化した「Wedgeセレクション」を発売。Kindleストア(Amazon)、楽天koboiBooksアップル)、kinoppy(紀伊國屋書店)、BookLive!などの電子書籍ストアにて購入できる。

もともと「東海道・山陽新幹線の車内誌の位置付け」という性格が濃い同誌であるが、一般書店や東海旅客鉄道系の小売店舗(キヨスクベルマート)などで購入が出来るほか、多くの公立図書館(市町村立図書館)に置かれており、そこで読むことも可能である。

ただし、出版取次を通さない読者直販と独自の流通形態を採っているため、取り扱い書店は限られている。

主な記事内容[編集]

オピニオンや、ビジネスに関する業界を扱った記事を毎月5、6本のペースで掲載。

著名な連載執筆者[編集]

※五十音順

販売[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ JR東日本エリア内の各新幹線では、旅行雑誌の「トランヴェール - Train Vert」と、通販雑誌の「Train Shop」を配布。これらは普通車在来線特急でも配布しており、ウェッジの発行誌と想定客層を異にしている。また、互いに乗り入れているJR西日本JR九州では、在来線特急以外に駅構内等でも広く頒布する雑誌等を、2冊セットで新幹線グリーン車乗客向けに用意しており、JR西日本からは「旅こよみ」(雑誌、2005年9月〜2013年3月)「西Navi」(フリーペーパー、2013年4月〜、共に京阪神エルマガジン社編集)が、JR九州からは「Please」が提供されている。なお、JR九州エリア内のみを走る新幹線では「Please」が普通車を含む全席で配布されている。

出典[編集]

関連項目[編集]

  • 交通新聞社 (国鉄時代の1982年から、新幹線グリーン車車内誌「グッティ」を刊行)

外部リンク[編集]