日本の貝塚一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本の貝塚一覧(にほんのかいづかいちらん)は、日本に所在する貝塚の一覧である。


目次

北海道地方
北海道
東北地方
青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
関東地方
茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
中部地方
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県
近畿地方
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
中国地方
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
四国地方
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄地方
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

北海道地方[編集]

北海道[編集]

東北地方[編集]

青森県[編集]

2012年の文献によると青森県の貝塚は65ヶ所。縄文早期から前期のものが多く、分布は太平洋側に多いが、下北半島、陸奥湾沿岸、日本海側にも分布する[注 1][1]

秋田県[編集]

日本海に面する秋田県内では確認された貝塚の数も少なく以下の通りである[2]

岩手県[編集]

山形県[編集]

宮城県[編集]

1989年の文献によると宮城県の貝塚は325ヶ所で、千葉県と茨城県についで多い[注 2][4]

福島県[編集]

関東地方[編集]

現代では海に面していない栃木県・群馬県・埼玉県にも縄文時代早期末から前期には海が入り込んでいた。(縄文海進)そのため、貝塚が存在する。[5]

茨城県[編集]

栃木県[編集]

渡良瀬遊水地周辺には貝塚がある

群馬県[編集]

埼玉県[編集]

埼玉県には100ヶ所以上の貝塚がある。縄文海進でもっとも海面が高く奥東京湾が広がった縄文前期の物が多く、縄文中 - 後期の貝塚は前期よりは少なくなる[6]

千葉県[編集]

千葉県にはおよそ700ヶ所もの貝塚があり(近接している貝塚群を1つと数えるか複数で数えるかでも変わってくる)、全国の貝塚のおよそ1/4が千葉県にある[7][8]

東京都[編集]

東京にはおよそ100ヶ所ほどの貝塚があるが、開発で湮滅し詳細不明な貝塚も少なくない

神奈川県[編集]

神奈川県立歴史博物館編集『神奈川県貝塚地名表』2008年によると、神奈川県内には小規模な痕跡や歴史時代の物まで含めて292ヶ所の貝塚があるとされている。神奈川の貝塚は特に横浜・川崎に多いが、三浦半島や湘南・西湘にも分布する。

中部地方[編集]

新潟県[編集]

富山県[編集]

石川県[編集]

福井県[編集]

山梨県[編集]

長野県[編集]

岐阜県[編集]

静岡県[編集]

愛知県[編集]

三重県[編集]

近畿地方[編集]

滋賀県[編集]

京都府[編集]

大阪府[編集]

兵庫県[編集]

奈良県[編集]

和歌山県[編集]

中国地方[編集]

鳥取県[編集]

島根県[編集]

岡山県[編集]

広島県[編集]

山口県[編集]

四国地方[編集]

香川県[編集]

徳島県[編集]

愛媛県[編集]

高知県[編集]

九州・沖縄地方[編集]

福岡県[編集]

遠賀川流域、糸島半島沿岸を中心に貝塚が点在する。

遠賀川流域

糸島半島

佐賀県[編集]

長崎県[編集]

大分県[編集]

熊本県[編集]

宮崎県[編集]

鹿児島県[編集]

沖縄県[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 青森県では65ヶ所の貝塚のほかに、貝塚とはいえないが出土品のなかに貝が混ざっている遺跡は58ヶ所ある。青森県の貝塚は縄文早期から前期の物が多く、縄文中期には少なくなり、縄文後期には見られなくなる。弥生時代以降の貝塚も少数見つかっている。-出典は福田友之『青森県の貝塚』北方新社、2012年、pp.7-12
  2. ^ 宮城県の貝塚325ヶ所(1989年時点)のうちで縄文時代の物が211ヶ所、弥生時代のものが14ヶ所、古墳時代が5、奈良平安時代が110ヶ所、中近世のものが12ヶ所である。ただし貝塚の時代は複数の時代にまたがって形成されているものがあるので合計の数はあわない。地域では三陸沿岸、北上川中流域、阿武隈川流域、仙台湾沿岸の4群に分けられる。縄文時代は海面が現代より高かったので北上川沿岸の内陸地域である栗原市や登米市にも貝塚はある。-出典は東北歴史資料館『宮城県の貝塚』1989年、pp.1-3

出典[編集]

  1. ^ 福田友之『青森県の貝塚』北方新社、2012年、pp.7-12
  2. ^ 秋田市教育委員会『児桜貝塚』、1965年、p.14。
  3. ^ 秋田県遺跡地図情報”. 2018年10月27日閲覧。
  4. ^ 東北歴史資料館『宮城県の貝塚』1989年、pp.1-3
  5. ^ 埼玉県立博物館『さいたまの海 : 縄文人からの伝言 特別展』1990年、p.31
  6. ^ 埼玉県立博物館『さいたまの海 : 縄文人からの伝言 特別展』1990年、pp.31-54
  7. ^ 千葉県教育庁文化財課上守秀明「貝塚のあるムラ・ないムラ」千葉県教育振興財団 2016年1月閲覧
  8. ^ 西野元「千葉県内貝塚数からみた地名表」千葉県教育振興財団 2016年1月閲覧