入江・高砂貝塚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高砂貝塚から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯42度32分50秒 東経140度46分13秒 / 北緯42.54710056度 東経140.77019889度 / 42.54710056; 140.77019889

噴火湾を見下ろす入江貝塚の住居跡
高砂貝塚
入江・高砂貝塚の位置(北海道内)
入江・高砂貝塚
入江・高砂貝塚
遺跡位置

入江・高砂貝塚(いりえ・たかさご かいづか)は、北海道洞爺湖町入江と高砂町内浦湾を望む標高10メートルから20メートルの台地上に位置する、縄文時代前期末から晩期中葉(紀元前3,500年-紀元前800年ごろ)にかけての貝塚を伴う遺跡[1]1988年5月13日に国史跡に指定された。

解説[編集]

ユネスコ世界文化遺産の暫定リストに含まれる「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産の1つで、貝塚の他に竪穴建物跡(縄文時代前期から後期のものが多い)、土坑墓等から構成される。貝類のみならず海獣魚類の骨も見られ、当時のこの地域での漁労文化の発達を物語る[1]

貝塚は入江貝塚と高砂貝塚に分かれるが、入江貝塚では縄文時代前期末の人骨が4体、中期のものが4体、後期初頭のものが7体の計15体分が出土している。一方の高砂貝塚では、後期初頭の土坑墓が1基、晩期中葉のものが28基出土している。イノシシで作られた製品やオオツタノハガイ製貝輪など、北海道では入手できないものも出土したため、他地域と盛んに交流したことが伺える[1]

入江高砂貝塚館[編集]

虻田郡洞爺湖町高砂町44には「入江高砂貝塚館」という、入江貝塚と高砂貝塚から出土した資料を紹介する博物館があり、縄文土器や、動物骨による道具・副葬品などを展示している。

ギャラリー[編集]

入江貝塚[編集]

高砂貝塚[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 入江・高砂貝塚” (日本語). 北海道・北東北の縄文遺跡群. 2020年12月3日閲覧。