成田空港第2ターミナルシャトルシステム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
成田空港第2ターミナルシャトルシステム
Shuttle of Narita Turminal 2 200507-1.jpg
基本情報
日本の旗 日本
所在地 千葉県成田市
成田国際空港 第2ターミナル
種類 新交通システム
開業 1992年12月6日
廃止 2013年9月27日
運営者 成田国際空港株式会社
詳細情報
総延長距離 279 m
路線数 1路線
駅数 2駅
テンプレートを表示
成田空港第2ターミナルシャトルシステムの位置(成田国際空港内)
成田空港第2ターミナルシャトルシステム
成田空港第2ターミナルシャトルシステムの位置

成田空港第2ターミナルシャトルシステム(なりたくうこうだい2ターミナルシャトルシステム)は、かつて千葉県成田市にある成田国際空港1992年平成4年)から2013年(平成25年)まで運用されていた空気浮上式移動システムである。

概要[編集]

1992年12月6日の第2ターミナル開業に際し導入された[1]。ターミナルのメインビルと279m離れたサテライトビルを約1分で結び[1]、制限区域内の旅客は無料で利用できた。

ハードウェアは日本オーチス・エレベータ製のオーチス・ホバーである。浮上については空気浮上方式で、移動についてはケーブルによって駆動されるためケーブルカーと同様のものと言えなくもないが、法規上は水平エレベーターという扱いとしていた[1]。各シャトルに車輪はなく、代わりに圧縮空気により約1mm浮上していた[1]。同種のシステムとしては日本初、かつ空港への導入も初であった。

2013年9月27日以降メインビルとサテライトビル間の移動が動く歩道を併設した連絡通路により行われることとなり、同日付でシャトルの運行は終了し、後に撤去された[2]

車両[編集]

Shuttle of Narita Turminal 2 200507-2.jpg
主要諸元
電気方式 単相交流 240 V
最高速度 20 km/h
車両定員 150 人
自重 空車時 13.6 t
満載時 24.55 t
車体長 16,545 mm
車体幅 2,921 mm
車体高 3,125 mm
車体材質 ガラス繊維強化プラスチック
駆動方式 巻上機 サイリスタレオナード方式直流電動機(本館機械室設置)
制御装置 PLC 2台(運行用、チェック用)
近接センサー
電磁リレー
速度検出器
信号伝送装置 等
テンプレートを表示

当システムで使用されていたシャトル車両のうち2両が、国道296号沿いにある空の駅「風和里しばやま」近くの公園(地図)に静態保存されている[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d けいてつ協会 『知られざる鉄道』 JTB、1997年、p.150。
  2. ^ “成田空港に新連絡通路が完成”. 日本経済新聞. (2013年9月21日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2004H_Q3A920C1CC1000/ 2014年10月27日閲覧。 
  3. ^ “空港シャトル、第二の人生=2億人運んだ成田名物-千葉”. 時事ドットコム. (2014年7月31日). http://archive.is/g3UMe 2015年1月25日閲覧。 (Archive.is)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、成田空港第2ターミナルシャトルシステムに関するカテゴリがあります。

座標: 北緯35度46分28.7秒 東経140度23分26.2秒 / 北緯35.774639度 東経140.390611度 / 35.774639; 140.390611