恋のキュート・ビート/ミスターU.S.A.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
安室奈美恵 > 安室奈美恵の作品 > 恋のキュート・ビート/ミスターU.S.A.
恋のキュート・ビート/ミスターU.S.A.
SUPER MONKEY'Sシングル
初出アルバム『ORIGINAL TRACKS VOL.1
A面 恋のキュート・ビート
ミスターU.S.A.
リリース
録音 1992年
ジャンル ポップ・ミュージック[1]
J-POP[1]
レーベル EASTWORLD/東芝EMI
チャート最高順位
SUPER MONKEY'S シングル 年表
恋のキュート・ビート/ミスターU.S.A.
(1992年)
ダンシング・ジャンク
(1993年)
ORIGINAL TRACKS VOL.1 収録曲
ミスターU.S.A.
(1)
恋のキュート・ビート
(2)
ダンシング・ジャンク
(3)
ミスターU.S.A.
(1)
恋のキュート・ビート
(2)
テンプレートを表示

恋のキュート・ビート/ミスターU.S.A.」(こいのキュート・ビート/ミスターユーエスエー)は、SUPER MONKEY'Sの1stシングル。1992年9月16日発売。発売元は東芝EMI(現・ユニバーサル ミュージックLLC)。

概要[編集]

  • 安室奈美恵及びMAXの源流グループ、SUPER MONKEY'Sのデビューシングル。
  • クレジットは「恋のキュート・ビート」が先行しているが、TV披露はされておらず、「ミスターU.S.A.」が実質メイン扱いであった。
尚、「恋のキュート・ビート」はSUPER MONKEY'S関連の楽曲では唯一、メンバー全員にソロパートが与えられている。
  • ロッテアイスのCMソングに起用された「ミスターU.S.A.」は、ブレイク以前の楽曲では唯一のミュージック・ビデオが制作された。
  • CD・TV披露共に安室がメインボーカルだったが、タイアップとなった「シリアルアイス」の初期CMでは、リーダーの牧野アンナの歌唱による別バージョンが使用されていた。
  • 「ミスターU.S.A.」は作曲者の小森田実が1994年のアルバム「Ivy's」にて歌詞違い及び「世界で一番のキス」というタイトルでセルフカバーしている。
  • 安室奈美恵単独として長らく披露されることがなかったが、2017年9月16日に地元である沖縄にて開催された25周年記念野外ライブ『namie amuro 25th ANNIVERSARY LIVE in OKINAWA』にて実に22年振りに「ミスターU.S.A.」が披露された。

収録曲[編集]

全作詞:売野雅勇 全作曲・全編曲:小森田実

  1. 恋のキュート・ビート
  2. ミスターU.S.A.
  3. 恋のキュート・ビート (オリジナルカラオケ)
  4. ミスターU.S.A. (オリジナルカラオケ)

タイアップ[編集]

収録アルバム[編集]

  • 恋のキュート・ビート
  • ミスターU.S.A.
    • ベスト『ORIGINAL TRACKS VOL.1』(1996年9月30日)
    • ベスト『Finally』(2017年11月8日)
      ※楽曲を再録・ニューレコーディングで収録。

カバー[編集]

  • 小森田実 - 『Ivy's』(1994年3月15日)※世界で一番のキス

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Super Monkey's - 恋のキュート・ビート - ミスターU.S.A. (CD) at Discogs Discogs. 2018年8月26日閲覧。

関連項目[編集]