徳島県立脇町高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
徳島県立脇町高等学校

徳島県立脇町高等学校

過去の名称 徳島県尋常中学校第一分校
徳島県脇町中学校
徳島県立脇町中学校
徳島県脇町高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 徳島県の旗 徳島県
学区 第二学区
全国募集あり
理念 文武両道
校訓 質実剛健
設立年月日 1896年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 36128D
所在地 779-3610
徳島県美馬市脇町大字脇町1270番地2

北緯34度4分15.67秒 東経134度8分54.6秒 / 北緯34.0710194度 東経134.148500度 / 34.0710194; 134.148500座標: 北緯34度4分15.67秒 東経134度8分54.6秒 / 北緯34.0710194度 東経134.148500度 / 34.0710194; 134.148500
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
徳島県立脇町高等学校の位置(徳島県内)
徳島県立脇町高等学校
脇町高等学校の位置(徳島県)

徳島県立脇町高等学校(とくしまけんりつわきまちこうとうがっこう)は、徳島県美馬市脇町大字脇町に所在する公立高等学校。平成22年度より5年間スーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定を受けている。また、平成27年度より再び5年間スーパーサイエンスハイスクール(SSH)に再指定を受ける。

設置学科[編集]

沿革[編集]

  • 1896年-徳島県尋常中学校第一分校として開校。
  • 1899年-徳島県脇町中学校として独立。校旗制定。
  • 1900年–芳越同窓会を創立。
  • 1901年–徳島県立脇町中学校と改称。
  • 1917年–校歌(土井晩翠作詞・竹澤貞次郎作曲)発表。
  • 1929年–創立30周年記念式典挙行。運動場の拡張整地完了。
  • 1934年–木造新校舎建設落成式挙行。
  • 1948年-徳島県脇町高等学校となる。定時制課程を併置。重清分校と西祖谷分校を付設。校章制定。父兄会を解散しPTAを結成。
  • 1949年–男女共学・学区制になる。重清分校は穴吹高校、西祖谷分校は池田高校に移管。穴吹高校通信教育部を同校へ移管。
  • 1950年–生徒会発足式挙行。
  • 1956年-徳島県立脇町高等学校と改称。
  • 1958年–定時制課程廃止。
  • 1963年–通信制課程を城南高校へ移管。
  • 1967年–創立70周年記念式典挙行。体育館落成式挙行。
  • 1968年-理数科設置(昭和55年募集停止)。
  • 1971年–校舎北館実験室棟(鉄筋3階建て)完成。
  • 1973年–50メートル公認プール完成。
  • 1974年–校舎本館普通教室棟(鉄筋4階建て)完成。
  • 1976年–創立80周年記念式典挙行。創立80周年記念庭園完成。
  • 1977年–芳越会館完成。(同日開館式挙行。)
  • 1986年–創立90周年記念式典挙行。芳越歴史館会館。
  • 1989年–校内TV放送「うだつの文化放送局」開局。
  • 1996年-創立100周年記念式典挙行。新体育館完成。
  • 2004年-全普通教室と特別教室(5室)にエアコン設置。
  • 2006年-創立110周年記念式典挙行。自習室設置。
  • 2009年–校内TV放送「うだつ放送局さくらスタジオ」開局。
  • 2010年-文部科学省よりスーパーサイエンスハイスクール(SSH)に5年間指定。耐震改修工事完了。
  • 2011年–SSHキャンプ「オーストラリア研修」開始。
  • 2013年–SSHキャンプ「ハワイ研修」開始。
  • 2014年–小体育館にエアコン等を設置し、都築記念小体育館と改名。
  • 2015年-文部科学省よりスーパーサイエンスハイスクール(SSH)に5年間再指定(第2期)。
  • 2016年-創立120周年記念式典挙行。芳越会館・芳越歴史館・校舎本館屋上時計台の改修。SSHキャンプ「台湾研修」開始。

特色[編集]

旧制脇町中学時代にはベースボール(baseball)を野球と訳したとされる、中馬庚が校長を務めたことがある。また、四国ラグビー発祥の地としても知られ、ラグビー部はかつて全国大会の常連であった。創立120年を迎え、卒業者数は24000人を超えており、多くの卒業生が各界のリーダーとして、国内外で活躍している。校訓「質実剛健」のもと文武両道の校風を大切にした、県下有数の進学校である。また、鉄道のない吉野川北岸に位置し通学範囲も広いため、原動機付自転車や保護者による自動車送迎の通学者が多くみられる。部活動も盛んであり、女子ソフトテニス部は全国大会の常連校である。また、一年生は部活動登録が必須である。

生徒会設置委員会[編集]

  • 文化委員会
  • 進路委員会
  • 生活委員会
  • 環境委員会
  • 防災委員会
  • 体育委員会
  • 保健委員会
  • 図書委員会
  • 人権委員会
  • HR活動委員会
  • W-ingプラン委員会
  • 家庭クラブ委員会
  • 選挙管理委員会
  • 監査委員会
  • 体育部委員会
  • 文化部委員会

学校運営組織(校務分掌)[編集]

  • 教務・情報課
  • 図書・研究課
  • 環境教育課
  • 渉外課
  • 生徒指導課
  • 進路課
  • 特別活動課
  • 保健・教育相談課
  • 人権教育課
  • SSHプロジェクトチーム

校地・施設[編集]

  • 本館
  • 中校舎
  • 北校舎
  • 体育館
  • 芳越会館
  • 芳越歴史館
  • クラブハウス棟
  • 自転車置き場(1か所)・バイク置き場(2か所)
  • 弓道場(6人立ち)
  • プール(50m)
  • テニスコート(2面)
  • 運動場(総面積1692500㎡)

部活動[編集]

運動部
  • 女子ソフトボール部
  • 陸上競技部
  • サッカー部
  • 硬式野球部
  • 男子バレー部
  • 女子バレー部
  • 男子バスケットボール部
  • 女子バスケットボール部
  • 剣道部
  • 卓球部
  • 男子ソフトテニス部
  • 女子ソフトテニス部
  • 山岳部
  • ラグビー部
  • 弓道部
  • 水泳部
文化部・同好会
  • 吹奏楽部
  • 美術部
  • 書道部
  • 茶道部
  • 華道部
  • 新聞・写真部
  • 科学部
  • イラスト・コンピュータ部
  • JRC部
  • 百人一首かるた・文芸部
  • 放送部
  • 演劇研究部
  • ESS
  • 人権「いのち」の会

著名な卒業生[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]