平石駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
平石駅
JR Hiraishi sta 001.jpg
駅全景(2009年9月)
ひらいし
Hiraishi
小松川 (2.0 km)
(1.8 km) 相野々
所在地 秋田県横手市山内土渕字平石上段50
北緯39度17分30.1秒 東経140度37分42.5秒 / 北緯39.291694度 東経140.628472度 / 39.291694; 140.628472座標: 北緯39度17分30.1秒 東経140度37分42.5秒 / 北緯39.291694度 東経140.628472度 / 39.291694; 140.628472
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 北上線
キロ程 51.6 km(北上起点)
電報略号 ヒシ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1963年昭和38年)7月15日[1]
廃止年月日 2022年令和4年)3月12日
備考 無人駅
テンプレートを表示

平石駅(ひらいしえき)は、かつて秋田県横手市山内土渕(さんないつちぶち)字平石上段(ひらいしじょうだん)にあった、東日本旅客鉄道(JR東日本)北上線廃駅)である。

開業当初から無人駅で、山内村が建設費200万円を全額負担して作られた請願駅である[2]

歴史[編集]

駅構造[編集]

横手駅管理の無人駅で、単式ホーム1面1線を有する地上駅である。ホーム上に待合室がある。

駅周辺[編集]

駅のすぐ脇に民家が一軒あるが(駅全景画像参照)、それ以外は駅の至近に建物はない。ただし、徒歩圏には民家が点在する。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
北上線
快速
通過
普通(冬季間は全列車当駅通過)
小松川駅 - 平石駅 - 相野々駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 曽根悟(監修) 著、朝日新聞出版分冊百科編集部 編 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』 21号 釜石線・山田線・岩泉線・北上線・八戸線、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2009年12月6日、23頁。 
  2. ^ “無人駅 北上線・平石駅”. 秋田魁新報 (秋田魁新報社): p.3 (1975年8月1日 夕刊)
  3. ^ 「日本国有鉄道公示第338号」『官報』、1963年7月9日。
  4. ^ 「通報 ●横黒線平石外1駅の設置について(営業局)」『鉄道公報日本国有鉄道総裁室文書課、1963年7月9日、4面。
  5. ^ “北上線「平石駅及び矢美津駅」冬季期間の列車通過について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道秋田支社, (2016年11月11日), http://www.jreast.co.jp/akita/press/pdf/20161111.pdf 2016年11月11日閲覧。 
  6. ^ “北上線の秋田県内2駅、冬季休止に”. Response. (株式会社イード). (2016年11月13日). http://response.jp/article/2016/11/13/285326.html?gp=1_email_20161113 2016年11月19日閲覧。 
  7. ^ “2022年3月ダイヤ改正について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道秋田支社, (2021年12月17日), https://www.jreast.co.jp/press/2021/akita/20211217_a01.pdf 2021年12月17日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]