平山正人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
平山 正人
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市東淀川区
生年月日 (1956-02-07) 1956年2月7日(62歳)
身長
体重
177 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1976年 ドラフト4位
初出場 1977年
最終出場 1977年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

平山 正人(ひらやま まさひと、1956年2月7日 - )は、大阪府大阪市東淀川区出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

PL学園高では2年生の時、控え投手として1972年春の選抜に出場。2回戦では高知商業高と対戦し、左翼手、五番打者として先発出場。またリリーフで甲子園初登板を果たすが1-3で敗退した[1]。翌1973年右翼手、控え投手として夏の甲子園府予選決勝に進むが、有田二三男岡田彰布慶元秀章らのいた北陽高に惜敗、甲子園出場を逸する。高校同期に立野政治がいた。

1973年ドラフト会議南海ホークスから4位指名されるが拒否し、社会人野球新日本製鐵堺へ入団した。1976年都市対抗野球に出場。

1976年のドラフト会議阪急ブレーブスから4位指名され入団。1年目の1977年に、10月7日の最終戦で近鉄バファローズを相手に初登板初先発を果たすが、その後は登板機会がなく1979年にわずか3年で引退した。

左オーバースローの本格派でストレートと縦の大きなカーブを武器とした。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1977 阪急 1 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 27 4.0 9 2 6 0 0 1 1 0 6 6 13.50 3.75
通算:1年 1 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 27 4.0 9 2 6 0 0 1 1 0 6 6 13.50 3.75

背番号[編集]

  • 46 (1977年 - 1979年)

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目[編集]