有田二三男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
有田 二三男
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府岸和田市
生年月日 (1955-04-10) 1955年4月10日(62歳)
身長
体重
176 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1973年 ドラフト2位
初出場 1974年9月27日
最終出場 1977年10月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

有田 二三男(ありた ふみお、1955年4月10日- )は、大阪府岸和田市[1]出身の元プロ野球選手である。現役時代のポジションは、投手

来歴・人物[編集]

北陽高校(現・関西大学北陽高校、大阪)では、3年生時の1973年に、エース・ピッチャーとして選抜高校野球大会(第45回)に出場。同大会の初戦では、この大会で屈指の好投手と評された江川卓がいる作新学院高校(栃木)と対戦した。この試合で有田は2失点と好投し打撃でも江川から三塁打を放つが、打線は江川を打ち崩す事ができず、0-2で敗退した。

この年には、全国高校野球選手権大会(第55回)にも出場。初戦となった2回戦では、秋田高校に1-0で勝った。続く3回戦の高鍋高校戦では、有田がノーヒット・ノーランを達成[1]。スコアは秋田高校との試合と同じ、1-0であった。そして準々決勝では今治西高校と対戦したが、2-6で敗れ、準決勝進出は成らず。

この時の北陽高校の同期には、後に近畿大学クラウンライターライオンズ・西武ライオンズなどでプレーする慶元秀章がおり、2年後輩には早稲田大学を経て阪神タイガースで活躍する事になる岡田彰布がいた。オーバースローからの伸びのあるストレートが武器、カーブ、シュートも投げる。

同年11月に開かれたプロ野球ドラフト会議で、近鉄バファローズからの2位指名を受け、高校卒業後に入団。

しかしプロでは苦しみ、1軍の試合に登板できたのは1974年1977年のわずか1試合ずつ、計2試合だけだった。

1979年オフに引退し、その後は1980年から1984年まで、読売ジャイアンツ打撃投手を務めた[1]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1974 近鉄 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 5 1.0 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0.00 2.00
1977 1 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 12 3.0 4 0 1 0 0 2 0 0 1 1 3.00 1.67
通算:2年 2 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 17 4.0 6 0 1 0 0 3 0 0 1 1 2.25 1.75

記録[編集]

背番号[編集]

  • 13 (1974年 - 1978年)
  • 59 (1979年)
  • 96 (1980年 - 1984年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、24ページ

関連項目[編集]