平井照敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

平井 照敏(ひらい しょうびん、1931年昭和6年)3月31日 - 2003年平成15年)9月13日)は、俳人フランス文学者。本名・てるとし。

東京都生まれ。1954年(昭和29年)東京大学文学部仏文科卒業、同大学院比較文学比較文化修士課程入学。1959年(昭和34年)詩集『エヴァの家族』を刊行、詩人として活動を始め、またフランス詩の研究も行う。青山学院短期大学に勤務しのち教授。 1965年(昭和40年)ごろから俳句を作りはじめ、加藤楸邨に師事、「寒雷」に入会。寒雷賞受賞、同誌編集長になる。1974年(昭和49年)句集『猫町』を刊行、主宰誌「槇」を創刊する。1989年(平成元年)評論集『かな書きの詩』で俳人協会評論賞を受賞。2001年(平成13年)青山学院女子短期大学名誉教授。2002年(平成14年)『蛇笏と楸邨』で山本健吉文学賞評論部門受賞。2003年(平成15年)9月13日心不全にて逝去。享年72。

著書[編集]

  • エヴァの家族 思潮社 1959(新鋭詩人叢書)
  • イヴ・ボンヌフォワ研究 思潮社 1967
  • 言語論 詩集 思潮社 1967
  • 白の芸術 戦後詩の展開 永田書房 1973
  • 沈黙の塔 俳句 永田書房 1974
  • 猫町 第一句集、永田書房、1974
  • 現代俳句入門 永田書房 1977 「現代の俳句」講談社学術文庫
  • 俳句開眼 十七音詩型創造のたのしさ 有斐閣選書 1979 のち講談社学術文庫
  • 現代俳句の論理 青土社 1981
  • 新俳句入門 思潮社 1982
  • 枯野 句集 永田書房 1982
  • 有季定型 現代俳句作法 飯塚書店 1982
  • 平井照敏集 俳人協会 1983(自註現代俳句シリーズ)
  • かな書きの詩 蕪村と現代俳句 明治書院 1987
  • 「虚子」入門 永田書房 1988
  • 「おくのほそ道」入門 永田書房 1988 「『おくのほそ道』を読む」講談社学術文庫
  • 平井照敏 花神社 1995(花神コレクション)
  • 平井照敏句集 砂子屋書房 1995(現代俳人文庫)
  • 石濤 句集 角川書店 1997
  • 夏の雨 句集 ふらんす堂 2001(ふらんす堂現代俳句叢書)
  • 蛇笏と楸邨 永田書房 2001
  • 平井照敏句集 水原紫苑編 芸林書房 2002(芸林21世紀文庫)

共編著[編集]

  • 愛の詩集 世界の名詩 永田書房 1977
  • 女流俳句の世界 鷲谷七菜子共編 有斐閣選書 1979
  • 愛の詩集 日本編 河出文庫 1986
  • 新歳時記 春、夏、秋、冬、新年 河出文庫 1989-1990
  • 俳枕 西日本、東日本 河出文庫 1991
  • NHK出版季寄せ 日本放送出版協会 2001

翻訳[編集]

参考文献[編集]

  • 長谷川櫂 編著 『現代俳句の鑑賞101』 新書館、2001年

外部リンク[編集]