川嶋志乃舞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かわしま しのぶ
川嶋 志乃舞
別名 しのぴー[1][2]
生誕 (1994-10-09) 1994年10月9日(24歳)
出身地 日本の旗 日本茨城県笠間市
ジャンル 津軽三味線
活動期間 2014年 -
レーベル Harelu−Arts
公式サイト 川嶋 志乃舞 official webサイト

川嶋 志乃舞(かわしま しのぶ、1994年10月9日 - )は、茨城県笠間市出身の津軽三味線奏者。みとの魅力宣伝部長、笠間特別観光大使。これまでに津軽三味線全国大会の各部門で4回優勝している[3][4][5]

茨城県立水戸第三高等学校卒業。東京芸術大学音楽学部邦楽科・長唄三味線専攻卒業[4][5]。血液型A型。Harelu−Arts所属[6]

来歴・人物[編集]

3歳のころから佐々木光儀に師事し邦楽の基礎を学ぶ。5歳で津軽三味線の稽古を始めると、小学校へ上がるころには全国大会へ出場し、最年少で入選する。中学になると全国大会で優勝を重ね、最年少で「一般女子の部」で優勝するなど、津軽三味線奏者としての頭角を現すようになる。2013年に大学へ入学後は、古典邦楽を学び伝統文化の継承に努めるとともに、独学で作曲や編曲にも熱心に取り組んだ。2014年の全国大会ではオリジナル曲を引っ提げて、高森彩花とともにデュオ「BAMBI」として出場すると優勝を獲得している[1][7]。 2014年11月より、活動拠点としている水戸市の「みとの魅力宣伝部長」に[8]2015年5月には、市民の中から笠間市の「笠間特別観光大使」にそれぞれ任命され、両市と茨城県の魅力を全国へアピールするために、県内外での観光宣伝や公式行事などの事業に積極的に参加している[5]。  


趣味はアイドル映画音楽アニメなど。三味線以外にも、好きなダンスイラスト写真などで自分を表現しようとする、既成の枠にとらわれない試みにより、「マルチ芸術家ガール」を自称している[6]。自作語である「キラキラシャミセニスト」としての肩書きも持ち、ライブ演奏では洋楽器を交えた大胆な構成のみならず、エネルギッシュなパフォーマンスで観客を盛り上げ、今どきのストリートファッションコスプレ姿で登場することもある[9]座右の銘は温故知新[6]

主な受賞歴[編集]

  • 2006年11月 - 第5回全国津軽三味線コンクール大阪大会少年少女の部第1位[10]
  • 2007年
    • 5月 - 第1回津軽三味線日本一決定戦ジュニアの部第1位[11]
    • 12月 - 第6回全国津軽三味線コンクール大阪大会一般女子の部第1位(最年少)[10]
  • 2014年7月 - 第8回全日本津軽三味線競技会名古屋大会デュオの部第1位(BAMBIとして)[12]

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

イベント[編集]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録内容
1st 2018年4月30日 月曜日のマドンナ HART-1005 1. プレミアムフライデーまで待ちきれない
2. ショコラトーク
3. ささやかな悪口
4. 漱石のこと
5. 南部茶屋ふくし
6. UKIYO FUNK
7. キツネ倶楽部
8. 東京タワーラプソディ
9. 花盛りのりんご節
10. 花笠音頭
11. 花千鳥
12. ロリポップ

ミニアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録内容
1st 2014年9月16日 紅梅センセーション DYNA-1011 1. 牡丹姫
2. 津軽あいや節
3. 秋田荷方節 -BAMBI ROCK-
4. 鼓蝶
5. 津軽じょんがらQ
6. 八木節
7. FIGHTERS
2nd 2016年10月9日 ファンタスティック七変化 HART-1003 1. 遊廓ディスコ
2. 十三の砂山
3. トリカブト
4. 弾-Dan-
5. 背水の陣
6. 津軽たんと節
7. City Shake

シングル[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録内容
1st 2015年11月11日 ナデシコステップ HART-1001 1. ナデシコステップ
2. 津軽じょんから節
3. 下町浪漫紀行

e.p[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録内容
1st 2017年10月9日 花とネオンep HART-1004 1. キツネ倶楽部
2. 津軽よされ節
3. 秋田大黒舞
4. 花千鳥(フジテレビ「大相撲ODAIBA場所」テーマ曲)
2nd 2018年10月12日 ラブハイウェイE.P. HART-1006 1. おしゃれなふたり
2. 牡丹姫 2018Ver.
3. 弥三郎節
4. たのしい四捨五入

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b プロフィール”. 川嶋 志乃舞 official webサイト. 2015年10月9日閲覧。
  2. ^ “世界へ「しのぴー」の野望 津軽三味線・川嶋志乃舞さん(22)(4)(1/2ページ)”. 産経新聞. (2017年2月26日). http://www.sankei.com/entertainments/news/170226/ent1702260006-n1.html 2017年8月21日閲覧。 
  3. ^ みとの魅力宣伝部長”. 水戸市 (2014年12月11日). 2015年5月5日閲覧。
  4. ^ a b “みとの魅力宣伝部長 津軽三味線奏者 川嶋さんが就任”. 共同通信. (2014年12月9日). http://www.47news.jp/photo/973058.php 2015年5月5日閲覧。 
  5. ^ a b c 笠間在住の川嶋志乃舞さんが「笠間特別観光大使」に就任決定!”. 笠間市 (2015年4月20日). 2015年5月5日閲覧。
  6. ^ a b c しのぴーのプロフィール”. 川嶋志乃舞Official Blog. 2015年8月14日閲覧。
  7. ^ 川嶋志乃舞”. Harelu-Arts. 2015年10月9日閲覧。
  8. ^ 広報みと (PDF)”. 水戸市 (2014年12月15日). 2015年5月5日閲覧。
  9. ^ “笠間・キラキラシャミセニスト - 伝統文化 + 今どき”. 読売茨城タウンニュース社. (2015年3月12日). http://www.yomiuri-town.co.jp/article_back_number/article150312.html 2016年9月18日閲覧。 
  10. ^ a b 全国津軽三味線コンクール大阪大会”. 青森県郷土芸能協会. 2015年5月5日閲覧。
  11. ^ “津軽三味線の日本一に福士さん 青森・決定戦最終日”. 共同通信. (2007年5月3日). http://www.47news.jp/CI/200705/CI-20070504-6087470.html 2015年5月5日閲覧。 
  12. ^ 大会結果(1-8回)”. 全日本津軽三味線競技会 名古屋大会実行委員会. 2015年5月5日閲覧。
  13. ^ 別冊アサ(秘)ジャーナル (2014年11月3日放送回) の番組概要ページ”. gooテレビ番組(関東版). 2016年9月18日閲覧。
  14. ^ 日本創造紀行 和ーティスト (2018年5月5日放送回) の番組概要ページ”. 日本創造紀行 和ーティスト. 2018年5月6日閲覧。
  15. ^ TIMETABLE”. 水戸コミュニティ放送. 2015年5月5日閲覧。
  16. ^ “キャンパる・大楽人:津軽三味線奏者のアイドル、川嶋志乃舞さん”. 毎日新聞. (2015年3月19日) 
  17. ^ 大舞台、関わる人、自分”. 川嶋志乃舞OfficialBlog. 2016年11月12日閲覧。
  18. ^ ENTERTAINMENT”. Japan Expo Premier Sri Lanka. 2018年5月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]