嶺重慎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
嶺重 慎
(みねしげ しん)
生誕 (1957-12-10) 1957年12月10日(59歳)
日本の旗 日本 北海道札幌市(出身地は兵庫県宍粟郡山崎町
研究分野 ブラックホールの研究
研究機関 茨城大学
京都大学
出身校 東京大学
博士課程
指導教員
尾崎洋二[1]
プロジェクト:人物伝

嶺重 慎(みねしげ しん、1957年12月10日 - )は、日本の天文学者兵庫県出身(出生地は北海道)。専門は、ブラックホールの研究。尾崎洋二に師事した[1]

経歴[編集]

1957年12月10日北海道札幌市に生まれる[2]1958年4月:兵庫県宍粟郡山崎町(現・宍粟市)に転居[2]1964年4月山崎町立山崎小学校(現・宍粟市立山崎小学校)に入学[2]1969年4月神戸市灘区に転居したのに伴い神戸市立福住小学校に転校[2]1970年4月灘区の神戸市立上野中学校に入学[2]1973年4月兵庫県立神戸高等学校に入学[2]1976年4月神戸市の大道予備校にて浪人[2]1977年4月東京大学理科一類入学[2]1981年東大理学部天文学科卒業[2]、東大大学院理学系研究科修士課程天文学専攻に入学[2]1983年東大大学院理学系研究科博士課程天文学専攻に進学[2]1986年3月東京大学に博士論文を提出して審査を通り理学博士号を授与される[2]。論文の題は「Disk-Instability Model for Outbursts of Dwarf Novae(わい新星アウトバーストの円盤不安定性モデル)」[2][3]1990年9月茨城大学理学部助手[2]1992年3月京都大学理学部助手[2]2001年4月京都大学基礎物理学研究所に移る[2]2005年京大基礎物理学研究所教授に就任。2016年現在、京都大学理学部教授[4]

著書[編集]

単著[編集]

共編著[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 日本の天文学者の系図 - 福江純公式サイト内のページ。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 自己紹介 - 公式プロフィール
  3. ^ 博士論文書誌データベース
  4. ^ 宇宙物理学教室メンバー紹介

外部リンク[編集]