加藤正二 (天文学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加藤 正二
(かとう しょうじ)
生誕 (1935-01-13) 1935年1月13日(84歳)
日本の旗 日本 東京府
研究分野 天体物理学
研究機関 東京大学
京都大学
奈良産業大学
出身校 東京大学
博士課程
指導教員
海野和三郎
博士課程
指導学生
福江純
主な業績 降着円盤振動論を創始
プロジェクト:人物伝

加藤 正二(かとう しょうじ、1935年1月13日 - )は、日本男性天文学者京都大学名誉教授理学博士東京大学、1963年)。専門は、天体物理学東京府(現・東京都)出身。

降着円盤振動論の創始者であり、同分野においては世界的権威として知られている。

略歴[編集]

恩師[編集]

加藤は海野和三郎の弟子である[2]。加藤の師匠・海野は萩原雄祐の門下生なので、加藤は萩原の孫弟子にあたる[2]

門下生[編集]

SF研究者としても有名な福江純は加藤の門下生である[2]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 博士論文書誌データベース
  2. ^ a b c 福江純. “日本の天文学者の系図”. 2016年1月17日閲覧。

関連項目[編集]