岩田靖夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岩田靖夫(いわた やすお、1932年4月25日 - 2015年1月28日)は、日本の哲学研究者、文化功労者東北大学仙台白百合女子大学名誉教授。古代ギリシャ哲学専攻。

来歴[編集]

東京生まれ。東京大学文学部卒、1961年同大学院人文科学研究科博士課程満期退学。東大教養学部助手成城大学講師北海道大学教授、73年東北大学文学部助教授、77年教授、87年「アリストテレスの倫理思想」で東大文学博士。96年東北大を定年退官、名誉教授、聖心女子大学教授、2001年仙台白百合女子大学教授、名誉教授。2003年文化功労者。

2015年1月28日、肺炎のため死去[1]。82歳没。叙正四位[2]

著書[編集]

  • 『アリストテレスの倫理思想』 岩波書店 1985
  • 『神の痕跡 ハイデガーレヴィナス』 岩波書店 1990
  • 『倫理の復権 ロールズソクラテス・レヴィナス』 岩波書店 1994
  • 『ソクラテス』 勁草書房 1995/ちくま学芸文庫(増補版) 2014
  • 『神なき時代の神 キルケゴールとレヴィナス』 岩波書店 2001
  • 『ヨーロッパ思想入門』 岩波ジュニア新書 2003
  • 『よく生きる』 ちくま新書 2005
  • 『三人の求道者 ソクラテス・一遍・レヴィナス』 創文社〈長崎純心レクチャーズ〉 2006
  • 『いま哲学とはなにか』 岩波新書 2008
  • 『アリストテレスの政治思想』 岩波書店 2010
  • 『ギリシア哲学入門』 ちくま新書 2011 
  • 『ギリシア思想入門 = Introduction to Greek Thought』 東京大学出版会 2012
  • 『人生と信仰についての覚え書き』 女子パウロ会 2013
  • 『極限の事態と人間の生の意味 大災害の体験から』 筑摩選書 2015

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • 『アリストテレス全集 16 アレクサンドロスに贈る弁論術斎藤忍随共訳、岩波書店, 1968
  • E.R.ドッズ 『ギリシァ人と非理性』水野一共訳、みすず書房, 1972、復刊1997ほか
  • W.K.C.ガスリー『ギリシア人の人間観 生命の起源から文化の萌芽へ』白水社〈白水叢書〉, 1978
  • 『ハイデッガー全集 33 (第2部門 講義 1919-44) アリストテレス『形而上学』第9巻1-3 力の本質と現実性について』(共訳) 創文社, 1994
  • プラトン 『パイドン 魂の不死について』 岩波文庫, 1998
  • 『ハイデッガー全集 40 (第2部門 講義 1919-44) 形而上学入門』ハルトムート・ブフナー共訳、創文社, 2000

参考リンク[編集]

脚注[編集]