岩田一政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岩田 一政(いわた かずまさ、1946年[1] - )は、日本のエコノミスト郵政民営化委員会委員長。元日本銀行副総裁。2010年から日本経済研究センター代表理事・理事長[2]

経歴[編集]

東京都大田区出身[1]東京都立日比谷高等学校を経て[要出典]1970年に東京大学教養学部教養学科卒業[2]。同年、経済企画庁入庁。経企庁経済研究所主任研究官の1981年に「金融政策と銀行行動」でエコノミスト賞を受賞。1986年に東京大学教養学部助教授就任[2]、以後同教授[2]、同大学大学院総合文化研究科教授[2]を歴任。

2001年1月に内閣府政策統括官に就任[2]小泉内閣の下竹中平蔵の誘いで[要出典]2003年3月日本銀行副総裁に就任した。2007年2月の日銀が利上げに踏み切った際、日本銀行政策委員会でただ一人反対した。日本銀行政策委員会で執行部(総裁・副総裁)の意見が割れたのは1998年の日本銀行法改正以来で初めて。

2008年6月に内閣府経済社会総合研究所所長に就任。2010年10月経済社会総合研究所所長を退任。後任は小野善康。同月日本経済研究センター理事長就任。

妻は資生堂副社長(元厚生労働省雇用均等・児童家庭局長)の岩田喜美枝[3]

略歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

編著[編集]

共編著[編集]

  • 深尾光洋)『経済制度の国際的調整』(日本経済新聞社、1995年)
  • 小寺彰山影進山本吉宣)『国際関係研究入門』(東京大学出版会、1996年/増補版、2003年)
  • (深尾光洋)『財政投融資の経済分析』(日本経済新聞社、1998年)
  • 福田慎一堀内昭義)『マクロ経済と金融システム』(東京大学出版会、2000年)

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b わがまち池上第100号(平成27年12月10日発行)
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae 日本経済研究センター JCER スタッフ
  3. ^ 資生堂に女性初の副社長 厚労省出身の岩田氏

外部リンク[編集]