岩倉具綱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岩倉具綱

岩倉 具綱(いわくら ともつな、天保12年4月14日1841年6月3日) - 1923年大正12年)10月16日)は、日本華族宮内官僚宮中顧問官

生涯[編集]

天保12年(1841年)、富小路政直の長男として生まれる[1]。妻は岩倉具視の長女増子(ますこ)[1]

1883年(明治16年)、岩倉具視の死により家督を継承[1]。翌1884年(明治17年)7月7日(華族令施行と同日)付で隠居し[1]、岩倉家の家督を具視の実子(二男)である岩倉具定に譲った[1]

掌典長を長く務め、1915年(大正14年)に宮中顧問官となった。1923年(大正12年)没、享年83。

官歴等[編集]

栄典[編集]

家族・親族[編集]

平成新修旧華族家系大成』によれば、家族は以下の通り[1]

具綱から家督を譲られた具定は、1884年(明治17年)7月の華族令制定に際し、具視の功績によって公爵に叙せられている。

具綱の実子である具徳は、1883年(明治16年)7月に岩倉家から分家して一家を立て、特旨により華族に列せられた[24]。1884年(明治17年)7月の華族令制定にともない男爵に叙せられた[24]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 平成新修旧華族家系大成』上、p.209
  2. ^ 『官報』第777号「叙任」1886年2月6日。
  3. ^ 『官報』第791号「叙任」1886年2月24日。
  4. ^ 『官報』第1055号「叙任及辞令」1887年1月10日。
  5. ^ 『官報』第1363号「授爵及辞令」1888年1月18日。
  6. ^ 『官報』第1824号「叙任及辞令」1889年7月29日。
  7. ^ 『官報』第1966号「叙任及辞令」1890年1月21日。
  8. ^ 『官報』第2266号「叙任及辞令」1891年1月21日。
  9. ^ 『官報』第2616号「叙任及辞令」1892年3月23日。
  10. ^ 『官報』第3468号「辞令」1895年1月23日。
  11. ^ 『官報』第3684号「叙任及辞令」1895年10月8日。
  12. ^ 『官報』第3821号「辞令」1896年3月28日。
  13. ^ 『官報』第4262号「叙任及辞令」1897年9月14日。
  14. ^ 『官報』第4479号「叙任及辞令」1898年6月7日。
  15. ^ 『官報』第5166号「叙任及辞令」1900年9月19日。
  16. ^ 『官報』第977号「叙任及辞令」1915年11月2日。
  17. ^ 『官報』第1023号「叙任及辞令」1915年12月28日。
  18. ^ 『官報』第3600号、1895年7月1日。
  19. ^ 『官報』第4949号「叙任及辞令」1899年12月28日。
  20. ^ 『官報』第7051号、1906年12月28日。
  21. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  22. ^ 『官報』第1038号、1916年1月20日。
  23. ^ 『官報』第3347号、1923年10月18日。
  24. ^ a b 平成新修旧華族家系大成』上、p.211

外部リンク[編集]