山岡順太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
銅像

山岡 順太郎(やまおか じゅんたろう、慶応2年9月18日1866年10月26日) - 昭和3年(1928年11月26日)は、日本実業家大阪商工会議所第8代会頭(1919年 - 1923年)。関西大学第11代学長1922年 - 1925年)。「関大中興の祖」[1]である。

経歴[編集]

大阪商船大阪鉄工所重役で実業家だった山岡美章(美章園一帯の開発を主唱したことで知られる)の子息として、加賀国金沢(現・石川県金沢市)に生まれる。最初医者を志し金沢医学校(現在の金沢大学)に進学するも、中退して陸軍士官になるために上京。しかし軍人になるのも叶わず一時期茨城県吏員となるが、1892年に同郷の先輩である中橋徳五郎を頼って逓信省入り。主計課法規係長を歴任する。

1898年、中橋が官職を辞して大阪商船社長に就任すると、これを追って入社し中橋を補佐。瀬戸内海航路を強化して別府温泉の発展をもたらした。1914年には社長に就任、大阪商船を足場に大阪鉄工所・宇治川電気大阪曹達などの経営にも関わり、日本電力大阪ビルヂングの設立を主導した。更に1919年には大阪商工会議所会頭にも選ばれた。

また内務省の少壮官僚グループによるロンドン郊外のレッチワースを範とした田園都市構想に乗り、大阪住宅経営を設立。千里山一帯の住宅開発を手がけて千里ニュータウン開発の先駆けを担い、さらに関西大学学長として大学令による昇格、千里山学舎建設などを遂行した。

長男の山岡倭は関西大学北陽高等学校の創立者である[2]

出典・注釈[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『関西大学百年史編纂委員会 『関西大学百年史』 人物編 1986年、248頁
  2. ^ 熊(2003), p40

外部リンク[編集]

関連項目[編集]