河村善益

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
河村善益

河村 善益(かわむら よします、安政5年1月21日[1]1858年3月6日) - 大正13年(1924年9月21日[2])は、日本の判事検事貴族院勅選議員

経歴[編集]

加賀国金沢城下(現在の石川県金沢市)に加賀藩士河村耀朝の三男として生まれる[3]1884年明治17年)、司法省法学校を卒業し、司法省御用掛となった[4]1886年(明治19年)、京都始審裁判所検事となり、翌年に同判事に転じた。京都地方裁判所部長、福井地方裁判所所長、大阪控訴院部長、大審院判事、大阪地方裁判所所長、函館控訴院長を歴任した。1906年(明治39年)、大審院検事に転じ、翌年からは東京控訴院検事長を務めた。また法律取調委員会委員にも就任した。

1921年(大正10年)に退官した後は、貴族院議員に勅選され[5]竹田宮宮務監督を務めた。

また、大阪で勤務していた1905年(明治38年)から翌年にかけて関西大学学長を務めた[6]

脚注[編集]

  1. ^ 『退職検事河村善益叙勲ノ件』
  2. ^ 『官報』第3628号、大正13年9月25日。
  3. ^ 『人事興信録』人事興信所、第3版、1911年。
  4. ^ 『帝国法曹大観』帝国法曹大観編纂会、1915年、P.63
  5. ^ 『官報』第2661号、大正10年6月15日。
  6. ^ 『関西大学創立五十年史』関西大学、1936年。

参考文献[編集]