水上長次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
水上長次郎

水上 長次郎(みずかみ ちょうじろう、安政4年12月27日[1]1858年2月10日) - 1936年昭和11年)4月3日[2])は、日本判事検事貴族院勅選議員

経歴[編集]

近江国彦根出身。1884年明治17年)、司法省法学校を卒業。徳島始審裁判所・大阪始審裁判所・大阪控訴院で判事を務め、京都地方裁判所部長・福井地方裁判所所長・岐阜地方裁判所所長を歴任した。1898年(明治31年)、大阪地方裁判所検事正となり、広島控訴院検事長・長崎控訴院検事長・大阪控訴院検事長を歴任した。その間、日露戦争の際には佐世保で捕獲審検所検察官を務めた[3]1913年大正2年)、名古屋控訴院長に就任し、のち大阪控訴院長に転じた。1921年、貴族院議員に勅選された[4]

大阪で勤務していた1889年(明治22年)には関西法律学校(現在の関西大学)の講師となり、校長代理も務めた[5]。また名古屋で勤務していた1916年(大正5年)には中京法律専門学校の校長を務めた。

栄典・授章・授賞[編集]

位階
勲章等

脚注[編集]

  1. ^ 『帝国法曹大観』p.81
  2. ^ 『官報』第2776号、昭和11年4月7日
  3. ^ 『貴族院要覧』
  4. ^ 『官報』第2661号、大正10年6月15日
  5. ^ 関西大学『関西大学創立五十年史』、1936年
  6. ^ 『官報』第3927号「叙任及辞令」1896年7月31日。
  7. ^ 『官報』第1065号「叙任及辞令」1916年2月22日。
  8. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年3月31日。
  9. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。

参考文献[編集]

  • 『貴族院要覧(丙) 昭和7年12月増訂』 貴族院事務局、1932年
  • 『帝国法曹大観』 帝国法曹大観編纂会、1915年