渡辺翁記念会館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
渡辺翁記念会館
Watanabe Memorial Hall
宇部市渡辺翁記念会館
情報
通称 宇部市民館
正式名称 渡辺翁記念会館
完成 1937年4月
開館 1937年7月
客席数 1353席(1階837席、2階516席)
延床面積 4,582m²
設備 舞台装置 - しぼり緞帳、引割幕、遮蔽幕、オブジェ、反響板、バトン
用途 演劇、音楽、舞踊、講演、その他各種イベント
運営 宇部市
所在地 755-0041
山口県宇部市朝日町8番1号
位置 北緯33度57分29.2秒 東経131度14分40.7秒 / 北緯33.958111度 東経131.244639度 / 33.958111; 131.244639座標: 北緯33度57分29.2秒 東経131度14分40.7秒 / 北緯33.958111度 東経131.244639度 / 33.958111; 131.244639
アクセス JR西日本宇部新川駅下車 徒歩3分
公式サイト 渡辺翁記念会館 - 宇部市ホームページ
渡辺翁記念公園内にある渡辺祐策

渡辺翁記念会館(わたなべおうきねんかいかん、:Watanabe Memorial Hall)は、山口県宇部市朝日町に所在する音楽ホール

概要[編集]

宇部市の発展に大きく寄与した渡辺祐策(宇部興産の創業者)の功績を記念するため、渡辺の関連した沖ノ山炭鉱など7つの会社によって1937年(昭和12年)4月に竣工し、周辺の公園とともに同市に寄贈された[1]。当時の宇部市は市民公会堂建設の必要性が高まっていたが費用面でめどが立っておらず、大変タイミングのよい事業であった[1]

渡辺翁記念会館は、のちに宇部興産ビル宇部全日空ホテル)や旧宇部銀行館、宇部興産宇部ケミカル工場事務所など、宇部市に関連した多数の設計にかかわることになる村野藤吾の、同市における最初の仕事であり、村野自身も「私の出世作」と語っている[2]

渡辺翁記念会館の設計にあたって、村野は早稲田大学音響学者である佐藤武夫の助言を受けるなど音楽ホールとしての音響特性に特に注意した[2]。その結果、特に舞台上で他の演奏者の演奏がよく聞こえるなど演奏に適した音響特性が実現され、1951年(昭和26年)、バイオリン奏者ユーディ・メニューインの来日時の演奏会場に指定されたことなどをきっかけに音響効果のすぐれたホールとして広く知られるようになった[2]

同館は、良質の材料が十分に使用されたことや2度の大改修を含む適正な維持管理が行われてきたことから、西日本でもっとも歴史のある音楽ホールの一つとして今日でも国内外の演奏家によって利用されている。同館は、このような長期にわたる利用を可能とする設計と、その後の実際の適切な維持管理とを表彰して、1995年平成7年)の第4回BELCA賞ロングライフ部門に選ばれている[2]

村野の設計による同記念館は、戦前期の前衛建築として最高傑作の一つに数えられ、1997年(平成9年)6月12日には登録有形文化財に、2005年(平成17年)12月27日には村野の作品として初めて国の重要文化財に指定された[3]

建物は鉄筋コンクリート構造(会堂部分は鉄骨鉄筋コンクリート構造。外壁は黒褐色タイル張りとする。客席両脇の側廊などが後に増設されているが、おおむね竣工当初の形態を残している。会館前のテラスには正面に長方形の「記念碑」、左右に3本ずつ計6本の「記念柱」があり、これらは会館を寄贈した7つの企業を象徴している。[4]

2007年(平成19年)には、「風格があり、昭和初期のモダンな雰囲気を残している」との理由から、映画ALWAYS 続・三丁目の夕日』のロケ地(銀座映画館という設定)としても使用されている[5]

施設データ[編集]

  • 敷地面積 - 8,910m2
  • 建築面積 - 2,581.67m2
  • 延床面積 - 4,582m2
  • 固定客席 - 1353席(1階837席、2階516席)
  • 楽屋 - 1階に30m2 が1室、2階に88m2 が2室
  • リハーサル室 - 76m2
  • ロビー - 1階320.07m2 、2階551.81m2
  • 会議室 - 1階94.24m2 、2階32.80m2 と23.85m2
  • 舞台 - 間口18m(大臣柱14m)、奥行12m
  • 構造 - RC造(会堂部分はSRC造
  • 規模 - 地下1階、地上3階
  • 着工 - 1935年昭和10年)10月
  • 竣工 - 1937年(昭和12年)4月
  • 設計 - 村野藤吾
  • 施工 - 沖ノ山炭鉱

歴史[編集]

  • 1934年昭和9年) - 渡辺祐策の死去に伴い、渡辺が関連した7つの会社によって「渡辺翁記念事業委員会」が組織され、記念事業の検討が開始された。同年12月、市の公会堂建設計画に目途が立っていなかったこともあり、「宇部市民館」を建設し市へ寄贈する案が決定[1]
  • 1935年昭和10年)10月 - 建設工事に着工[1]
  • 1937年(昭和12年)
    • 3月 - 名称を「渡辺翁記念会館」に変更[1]
    • 4月 - 建設工事竣工。
    • 7月 - 開館。
  • 1976年(昭和51年)11月 - 老朽化に伴う改修工事(第一次)が竣工。
  • 1992年平成4年)10月 - 老朽化に伴う改修工事(第二次)及び周辺(渡辺翁記念公園)整備工事着工。
  • 1994年(平成6年)3月 - 第二次改修工事竣工。
  • 1995年(平成7年) - 社団法人建築・設備維持保全推進協会(現ロングライフビル推進協会)から第4回BELCA賞(ロングライフ・ビルディング部門)を受賞[6]
  • 1999年(平成11年)8月 - DOCOMOMO Japanにより日本の近代建築20選(国内のモダン・ムーブメントを象徴する現存例20件)の1つに選定[1]
  • 2005年(平成17年)12月 - 国の重要文化財に指定[7]
  • 2007年(平成19年)11月 - 経済産業省により「産炭地域の特性に応じた近代技術の導入など九州・山口の石炭産業発展の歩みを物語る近代化産業遺産群」の構成遺産の1つに認定[1]

交通アクセス[編集]

電車
JR西日本宇部新川駅下車、徒歩3分。
バス
宇部市営バス「宇部新川駅」下車、徒歩3分。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 宇部市|渡辺祐策翁と記念会館
  2. ^ a b c d 建材試験情報』 p.25
  3. ^ 国指定文化財等データベース:各棟情報詳細 宇部市渡辺翁記念会館
  4. ^ 「新指定の文化財」『月刊文化財』507号、第一法規、2005、p.32 - 34
  5. ^ asahi.comコミミ口コミ,2007年4月13日
  6. ^ 宇部市|近代建築屈指の名作
  7. ^ 平成17年12月27日文部科学省告示第180号

参考文献[編集]

  • 建材試験情報編集委員会 『建材試験情報』2008年5月 第44号、財団法人建材試験センター、2008年5月1日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]