宇治団地前停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宇治団地前駅から転送)
移動先: 案内検索
宇治団地前停留場*
上下ホームを東より望む
上下ホームを東より望む
うじだんちまえ
Ujidanchi mae
咥内 (0.9km)
(0.4km) 八代通
所在地 高知県吾川郡いの町枝川
所属事業者 とさでん交通
所属路線 伊野線
キロ程 8.2km(はりまや橋起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面1線
開業年月日 1908年(明治41年)2月20日
備考 * 1976年に宇治学校前停留場から改称
テンプレートを表示

宇治団地前停留場(うじだんちまえていりゅうじょう)は、高知県吾川郡いの町枝川にあるとさでん交通伊野線路面電車停留場

いの町と高知市の境界をなす咥内坂の西の上り口にあり、隣の咥内停留場との間で坂を越える。両停留場間の距離は892メートルで、とさでん交通の駅間距離最長区間。

歴史[編集]

当停留場は1908年(明治41年)、伊野線最後の開通区間である咥内 - 枝川間の開通と同時に開業した[1]。開業当時の停留場名は宇治学校前停留場(うじがっこうまえていりゅうじょう)で、1976年(昭和51年)に宇治団地前へと改称した[2]

構造[編集]

宇治団地前停留場は伊野線の専用軌道区間にあり、軌道は道路から独立している。乗り場は2面あり、東西方向に伸びる単線の軌道を挟み込むように向かい合って配される(相対式[4]。軌道の北にあるのがはりまや橋方面へ向かう上りホーム、南にあるのが伊野方面へ向かう下りホーム。

周辺[編集]

停留場は咥内坂の西の上り口にあり[5]、伊野線の軌道は隣の咥内停留場に向かって29パーミルの上り勾配に差し掛かる[6]。周辺は停留場名にある住宅団地のほか、住宅や工場が混在する地区[5]。南にはハローワークがある[5]

隣の停留場[編集]

とさでん交通
伊野線
咥内停留場 - 宇治団地前停留場 - 八代通停留場
  • 2014年(平成26年)までは隣の八代通停留場との間に八代信号所があった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『土佐電鉄が走る街 今昔』99・156-158頁
  2. ^ a b c 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』11 中国四国、新潮社2009年、60頁。ISBN 978-4-10-790029-6
  3. ^ 上野宏人 (2014年10月2日). “とさでん交通:「再出発」 「便利な市民の足に」高知で設立式 新デザインの車両披露”. 毎日新聞 (毎日新聞社) 
  4. ^ 川島令三 『四国・九州ライン 全線・全駅・全配線』第2巻 四国西部エリア、講談社〈【図説】 日本の鉄道〉、2013年、43・94頁。ISBN 978-4-06-295161-6
  5. ^ a b c 『土佐電鉄が走る街 今昔』46頁
  6. ^ 川島令三 『全国鉄道事情大研究』四国篇、草思社2007年、289頁。ISBN 978-4-7942-1615-1

参考文献[編集]

関連項目[編集]