奥山英志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

奥山 英志(おくやま えいし、1949年5月6日 - 2011年4月10日)は、リポーターナレーター圭三プロダクションを経てよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。血液型B型。

経歴[編集]

4人兄弟の末っ子として出生[1][出典無効]東京都出身。正則高等学校卒業。俳優政治家森田健作は同級生[2]。当初はナレーターの仕事をしていたが、1982年フジテレビジョンワイドショー3時のあなた』で事件現場を自らの足で取材する事件リポーターに転身。以後もフジテレビのワイドショーの『おはようナイスデイ』や『ビックトゥデイ』にてロス疑惑オウム真理教など3,000件以上の事件を手掛けた社会派リポーターとして活動し、「元祖・事件レポーター」の異名をとった。

その傍ら『殿様のフェロモン』などのバラエティ番組テレビドラマでも活躍していたが、1999年に『おはようナイスデイ』が終了、リポーターとしてのレギュラー番組はなくなり、テレビ出演は単発が中心となる。2002年横澤彪の誘いで吉本興業に移籍して文化人枠で所属。イベントなどの司会業もこなしていた[3][4][5][6]

晩年は仕事に恵まれず、2011年4月10日頃に、東京都調布市で首吊り自殺をして61歳で死去[7][リンク切れ][8][9][リンク切れ]。当初は自殺遺体の身元が判明しなかったため、同年9月頃からマスコミ各社が失踪を報じる騒動になった(後述)。

人物[編集]

身長176cm、体重100kgの大柄で、人なつこい笑顔で人気だった[10]。 趣味はダイエットゴルフ、歌うこと。35年以上のゴルフ歴があり、スコアは76という腕前。ダイエットに関する知識は漢方薬からサプリメントの知識が深く、断食道場に通うこともあった[3][4]。酒好き、豪放磊落な性格で、宵越しの金は持たないタイプだったという[11]。生涯独身だった[6]

失踪報道から自殺の発覚[編集]

晩年の状況[編集]

2010年頃から仕事が減少し、深夜番組のレギュラーの仕事も消滅[7][リンク切れ]。周囲に悩みを漏らすようになっていた。女性や金銭関係についてトラブルとは無縁であったが、以前は誘いは絶対に断らなかったのが2010年頃から仲間内での飲み会に誘っても来なくなり、「週に1回しか仕事がない」「腰痛で好きなゴルフができなくなった」とこぼしていたという[5][12][出典無効]

奥山が恩人として慕い、吉本興業へ誘ってくれた横澤彪も2011年1月に死去し、「鬱なんだよ」「元気が出ない」とも語っていた[4][13][出典無効]

吉本がマネジメントした仕事は2010年2月が最後である[4]。吉本興業では文化人枠所属者については自身で直接仕事を取ることも認めているため、この事実だけで仕事が無くなったと断定することはできないが、趣味の競馬も100円単位で楽しむようになっており[1][出典無効]、愛車のセルシオも手放していた[14]

生涯独身だった奥山は1人で川崎市のマンションに20年間住んでいたが、2011年に入って3月と4月の家賃を滞納。家賃の滞納は20年でこれが初めてであり[4]、住民の間でも最近の奥山に仕事がなく家賃が払えなくなったと噂になっていたと報じられている[12][出典無効]

リポーターの平野早苗の話によれば2007年頃から友人で脚本家横沢丈二に死生観を語るようになり、「死ぬ時は潔く死にたい」と漏らすようになり、2010年6月、番組の元スタッフに「死ぬ時は迷惑をかけない。人にも言わない」と話し、2011年1月には「仕事はないか。ドキュメンタリーでナレーションをやるのは意義がある」などと語っており、平野は「仕事と家族の間で悩み、精神的にも弱くなっていたのかもしれない」という[15]

自殺[編集]

2011年4月10日頃に自殺したと見られる。同日16時30分頃、自宅マンションから約5kmの東京都調布市神代植物公園の無料区域の水生植物園で閉園のために見回りをしていた女性従業員が障害者用トイレが施錠されていたままなのを発見し、警察に通報。トイレ個室の荷物置き場に紐をかけて首を吊った状態の奥山の遺体が発見された。遺体発見時にトイレが施錠されていた状況や検視司法解剖によっても事件性がないと警視庁は判断し、また遺体の身元に繋がる所持品がなかったことから、奥山とは判別出来ないまま身元不明遺体として火葬された[13][出典無効][10][1][出典無効][8][16]。公園の近辺は友人が住んでいたことから、よく訪れており土地勘があったという[13][出典無効]

警視庁は、身体的特徴や着衣など奥山の遺体についての情報を警視庁サイトの身元不明相談コーナーのリストに掲載して誰でも閲覧できるように公開していたが、誰も奥山と気づくことはなかった[7][リンク切れ][8][16]。なお、身元不明相談コーナーでは、61歳の奥山は、45歳から55歳位の年齢の男性とされていた[8]

失踪報道[編集]

2011年9月になり、奥山が4月に失踪していたことが報道される[17]

5月になり奥山が住むマンションの大家が奥山の実兄に3月分と4月分の家賃が滞納していると連絡し、5月18日に奥山のマンションの所在地である神奈川県警に捜索願を出し、5月19日、知らせを受けた吉本社員と実兄が、奥山が1人暮らしをしていた川崎市内の自宅マンションを訪れると、4月5日付けのスポーツ新聞がリビングに置かれていた[18][出典無効]。洗濯物が干され、浴槽の水も張られており[5]、普段使用していたショルダーバッグも自宅に置かれたままで[19][出典無効]、財布と預金通帳と携帯電話が消えていた[19][出典無効]東日本大震災直後の3月11日に吉本興業が安否を確認していたのが最後で[19][出典無効]、番組での共演で親交が深い前田忠明や友人も4月後半から連絡が取れなくなり心配していた。それ以前には彼と会う度に「何かあったら必ず連絡しろよ」と何度も言っていたといい、自殺の動機には何も思い当たらなかったという[20]

最後に近隣住民が奥山を目撃したのは3月12日であり、リポーター仲間の阿部光利が3月上旬にパーティーに誘う電話をしたが「もうちょっと待ってくれ」と言われたという[19][出典無効]

なお、部屋からなくなっていた奥山の通帳の口座を警察が調べたところ、4月以降に口座が使われた形跡がなかった[21]。携帯電話についても、5月上旬までは電話をかけるとコール音がしていたが、後に「お客様の都合で」とアナウンスが流れるようになり、自宅内で携帯電話請求書を発見した兄が料金を支払った[18][出典無効]。未納の家賃は兄が支払い、さらに奥山が戻ってくることを考えて7月まで賃貸契約を続けていたが、その後は兄が荷物を引き取って賃貸マンションは解約された[4]

6月に奥山に似た水死体が横浜港で見つかり、確認作業が行われたが、そのときは別人と判明した[4][5]

5月に捜索願が出されてから9月まで奥山の失踪は身内と仲間のみが知ることだったが、9月13日発売の『週刊女性』2011年9月27日号が奥山の失踪を伝える記事を掲載し、ワイドショーやスポーツ紙などが一斉に後追いで報じていった[22]

9月24日東京都八王子市のスーパーマーケットの警備員が8月28日と31日に奥山を見かけたという証言が報道された。普段は常連客が多い店に、見かけない客が来たので記憶していたという[23] 。さらに八王子市内では複数の公園のベンチで目撃情報がテレビで報じられた。なお、奧山は八王子市にゆかりはない[24]。これらの目撃情報について、実兄は警察の担当者から「報道を見て思い込みもあるのでしょう」と言われたという[21]

かつての仕事仲間だった武藤まき子は、最後に電話で話したときは「仕事はボチボチで母親の介護もあるから」と言っていたという。

遺体の身元判明[編集]

12月8日に警視庁が奥山とみられる遺体について甥に確認を求め、遺体写真を見た甥は奥山にほぼ間違いないと認めたことが12月9日に報じられた[25]12月12日警視庁による指紋照合等が行われた結果、この遺体が奥山のものであることが確認された[26][リンク切れ]

身元判明が遅れた理由[編集]

奥山が自殺してから身元確認まで8か月かかった理由は、以下の4点が指摘される[7][リンク切れ][13][出典無効][27]

  1. 遺体発見が4月10日で、捜索願の届け出が5月18日であり、遺体発見時点の4月にはまだ奥山の捜索願が届け出されておらず、照合のしようがなかったこと(現に捜索願い届け出後の6月に発見された奥山に似た水死体は照合されている[4][5])。
  2. 遺体発見が東京都の警視庁で捜索願が奥山の自宅のある神奈川県警という管轄の違いがあり、まず東京都内の資料のチェックをするという優先順位の設定があったこと。
  3. 東京都内の身元不明遺体は年間200体で、行方不明の届け出は4,000件あり、鑑識課の手作業の照合作業では迅速な処理に限界があること。
  4. 奥山の捜索願には部屋が荒らされていたり血痕があるなどといった事件性がなく、成人の行方不明者を積極的に探すことは、人権侵害になりかねないため、通常は積極的に捜査しないこと。

元警視庁警視の江崎史朗は、12月になって判明したのは、12月は身元不明者を再調査する月間で、全国のデータベースと照合したためだろうとしている[28][出典無効]

出演番組[編集]

ワイドショー・情報番組[編集]

バラエティ番組[編集]

テレビドラマ・映画[編集]

ほか

著作[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c フジテレビ『とくダネ!』2011年12月12日[出典無効]
  2. ^ “森健知事、同級生の奥山リポーターを心配”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2011年9月16日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110916-835736.html 2016年10月17日閲覧。 
  3. ^ a b 奥山英志”. 文化人プロフィール. 吉本興業. 2011年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月17日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h 週刊女性』2011年9月27日号、主婦と生活社[要ページ番号]
  5. ^ a b c d e “失踪リポーター、今いずこ…弱気な言葉とオバサンの存在”. ZAKZAK (産経デジタル). (2011年9月15日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20110915/enn1109151530008-n1.htm 2016年10月17日閲覧。 
  6. ^ a b “一体何が…奥山さん「仕事が減った」、周囲にこぼしていた”. MSN産経ニュース. サンケイスポーツ (産経デジタル). (2011年12月11日). オリジナル2011年12月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111211051156/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/111211/ent11121111430009-n1.htm 
  7. ^ a b c d “4月発見の遺体、リポーターの奥山さんと判明”. TBS News i (TBS). (2011年12月12日). http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4900435.html [リンク切れ]
  8. ^ a b c d “TVリポーター“仕事減”に悩んでいた…公園トイレで首つり自殺か”. ZAKZAK (産経デジタル). (2011年12月12日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20111212/enn1112121247007-n1.htm 2016年10月17日閲覧。 
  9. ^ “<男性遺体>リポーターの奥山英志さんと確認…警視庁”. 毎日jp (毎日新聞社). (2011年12月12日). http://mainichi.jp/select/today/news/20111212k0000e040096000c.html [リンク切れ]
  10. ^ a b “奥山リポーターの遺体「ほぼ間違いない」”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2011年12月11日). オリジナル2012年1月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120109063850/http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20111211-875371.html 
  11. ^ “奥山さんを慕った阿部光利氏「ショック」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2011年12月10日). オリジナル2012年1月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120107134006/http://www.sanspo.com/geino/news/111210/gnj1112100505009-n1.htm 
  12. ^ a b テレビ朝日『ワイド!スクランブル』2011年9月14日[出典無効]
  13. ^ a b c d 『モーニングバード』2011年12月12日[出典無効]
  14. ^ “公園で首つり 奥山リポーターを追い込んだTV局”. 楽天woman. 日刊ゲンダイ (楽天). (2011年12月12日). オリジナル2011年12月13日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2011-1213-2102-19/woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/story.html?q=13gendainet000160635 
  15. ^ “奥山英志は語っていた「潔く死にたい。迷惑をかけない。人にも言わない」”. ライブドアニュース. J-CASTテレビウォッチ (LINE). (2011年12月13日). http://news.livedoor.com/article/detail/6113511/ 2016年10月17日閲覧。 
  16. ^ a b “奥山英志レポーターか?植物公園トイレで発見の首つり遺体 (1)”. J-CASTテレビウォッチ (ジェイ・キャスト). (2011年12月12日). http://www.j-cast.com/tv/2011/12/12116021.html 2016年10月17日閲覧。 
  17. ^ “ワイドショーリポーター奥山英志さん失踪か”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2011年9月13日). オリジナル2011年9月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110913104541/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110913-OHT1T00036.htm 
  18. ^ a b 日本テレビスッキリ!!』 2011年9月14日[出典無効]
  19. ^ a b c d フジテレビ『とくダネ!』 2011年9月14日[出典無効]
  20. ^ “奥山英志「自殺」の動機―酒の誘いにも来なくなっていた”. J-CASTテレビウォッチ (ジェイ・キャスト). (2011年12月12日). http://www.j-cast.com/tv/2011/12/12116017.html?p=all 2016年10月17日閲覧。 
  21. ^ a b 週刊女性』2011年10月25日号、主婦と生活社[要ページ番号]
  22. ^ “有名TVリポーター、謎の失踪…フジワイドショーで活躍”. ZAKZAK (産経デジタル). (2011年9月13日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20110913/enn1109131137005-n1.htm 2016年10月17日閲覧。 
  23. ^ “行方不明の奥山リポーター 八王子で目撃情報「見かけない顔 強く印象に」”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2011年9月24日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/09/24/kiji/K20110924001684740.html 2016年10月17日閲覧。 
  24. ^ “奥山リポーター失踪から半年 八王子市内で目撃証言相次ぐ”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2011年9月29日). http://www.j-cast.com/2011/09/29108587.html 2016年10月17日閲覧。 
  25. ^ “奥山リポーターの遺体確認か…4月に発見、すでに火葬”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2011年12月10日). オリジナル2011年12月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111210003446/http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20111210-OHT1T00039.htm 2011年12月10日閲覧。 
  26. ^ “リポーター奥山英志さんと確認、公園で自殺か”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2011年12月12日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111212-OYT1T00538.htm 2011年12月12日閲覧。 [リンク切れ]
  27. ^ “奥山英志レポーターか?植物公園トイレで発見の首つり遺体 (2)”. J-CASTテレビウォッチ (ジェイ・キャスト). (2011年12月12日). http://www.j-cast.com/tv/2011/12/12116021.html?p=2 2016年10月17日閲覧。 
  28. ^ 『とくダネ!』2011年12月13日[出典無効]