大貫詩織

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大貫 詩織(おおぬき しおり、1991年12月12日[1] - )は、神奈川県横浜市出身の助産師である。シオリーヌの名前でYouTuberとしても活動している[1]

来歴[編集]

神奈川県立希望ケ丘高等学校[2]神奈川県立保健福祉大学看護学科卒業[3]。在学中に看護師保健師助産師の免許を取得[4]。卒業後に総合病院の産婦人科病棟で3年間勤務するが[3]、その過程で思春期世代の性教育に興味を持ち、次に勤務した精神科の児童思春期病棟[3]で、思春期保健相談士の資格も取得する[4]。その後、性問題について語り合うサロン[3]、学校やイベントでの講演会、オンラインサロンなど、多方面での性教育活動を行っている[4]

10代の頃は家庭の関係が良くなく、事あるごとに父親から叱責されていたため、そこから常に「親とは何か」「家族とは何か」を考えるようになり、その延長線上にある「親子に触れられる仕事」として、助産師を目指したという[3]。一方で、母親からは生理用品の使用法や避妊の重要性などをしっかりと教わったことに、今の性教育の原点があるという[5]。また、「日本に根付いたルッキズム」の影響から、摂食障害に苦しんだこともあった[6]

2020年5月北海道室蘭市出身[7]の男性看護師[8][9]との結婚を発表。大貫にとっては2度目の結婚で、夫が「大貫」に改姓した[7][10][11]

性教育活動[編集]

産婦人科で勤務して様々な患者と接していた時に、予備知識のないまま妊娠・出産に至る女性に何人も関わり[3][12]、「必要な性の知識があれば助かったかもしれない」事例がいくつもあった経験から、性教育に興味を持つ[4][3]。そこで、日本家族計画協会思春期保健相談士の資格を取得する[4]。大貫は人前で話すことや人に教えることが好きで[4]、高校時代にはお笑い好きで漫才やお笑いコンテストに出たり[4]バンド活動もしたり[5]、大学時代には4年間塾の講師もしていた経歴から[4]、思春期世代に必要な「性の知識」を教育する活動を始めた[4]。大貫は精神科の児童思春期病棟でも、約2週間間隔で性関連の講習をしていた[13]。そのあと、入院している少女が、大貫に悩みを伝えてくるようになった[13]。インターネットにて思春期保健相談士の資格に言及したことが契機で、中学校での性教育公演が実現し[4]、2017年ごろから小中学校やフリースクールなどでの性教育授業や講演を始めた[12]。また、「性について気軽に話せる・学べる場が欲しい」という声から、年に数回イベントスペースなどで小規模のトークサロンを開催した[4]クラウドファンディングによって集まった資金で、女性が手に取りやすいデザインパッケージのコンドームをジョニーハット[14]中西ゴムストラテジー[15]に発注し、通信販売も行っていた[16]が、2019年には「目的を果たした」ために終売した[17]

子供への性教育に対する反発が未だ根強いことについて、大貫は「『性に興味を持ったら困るから、子供に性の知識は不要』というのは違う。自分の身体の洗い方や、プライベートゾーンを触られそうになった時にどう危機を出したらいいか、誰かに触りたいときは同意が必要なことなどを、本当は幼少期から教わる必要がある」と反論している[18]

だが、各地の小中学校での講演を繰り返しているうちに、現場の教諭たちにも「性教育の重要性」を理解している人が多いことが分かり、性教育への姿勢がポジティブに変化しはじめているのを感じている[13]。「大人が性問題に誠実に向き合い、必要な情報を正しく伝えることで、それを受け取った子供たちは行動を起こすようになる。だから、大人は子供たちをもっと信用する必要がある」[13]

 ジェンダー論 [編集]

大貫は包括的性教育活動の一環として、幼少期からのジェンダー教育にも取り組んでいる[19]。性教育の現場で「男は泣くな」「男は青」という意識の子供がまだまだ多く、意識改善が進んでいない上、性教育の話題を敬遠してしまう親も少なくないのを感じている[19]。既存のジェンダーロールが非常に根強く、無意識のうちに子どもに植え付けられてしまっているのを変えるには、まず大人が今のジェンダーの見方を改善していく必要がある[19]。「日常の生活に隠れている、偏ったジェンダー観を変えていく、教えていくことから始めてみてはどうか」と大貫は答えている[19]

YouTuber[編集]

シオリーヌ
人物
生誕 大貫詩織
(1991-12-12) 1991年12月12日(30歳)
神奈川県横浜市
出身校 神奈川県立保健福祉大学看護学科
職業 助産師YouTuber
YouTube
チャンネル
活動期間 2018年11月21日 -
登録者数 16.9万人
総再生回数 38,599,688回
挨拶 「『性』の話をもっと気軽に、オープンに」
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年7月10日時点。
テンプレートを表示

性教育講師として活動が増えたものの、学校での講演などでは校長の判断の範囲内[3]なので、「コンドームの使用は性感染症の予防になる」は良いが、「どこで買えるのか」「どうやって使うのか」を言うのは不可[12]など、「学校が性行為を容認していると誤解されるからあまり深く掘り下げないでほしい」と要請されることも多い[20]。「思春期世代が本当必要な情報が伝えられない」と感じた[4]大貫は、10代がYouTubeTiktokなどの動画コンテンツに数多く触れていることに着目し、『若年層にアピールできる方法』を用いることにして、2019年2月からYouTubeへの動画投稿を始めた[4]

思春期世代が隙間時間に何気なく見ているYouTubeで、日常の中で見てもらえるようなコンテンツを目指している[21]。動画背信で気を付けている点は「正解を決めない」ことで、産婦人科病棟で勤務していた時に、多種多様な出産育児の現場を見たことで、「自分の常識が世間の常識ではない」ことに気づいたからだという[21]。セクシャル・リプロダクティブ・ヘルス・ライツ(SRHR)には、「性と生殖のことは自分で決められる権利」があり、これが包括的性教育の根底にあることから、大貫は動画でも「視聴者が後悔しない選択ができるような情報提供」に徹している[21][注釈 1]

「日本の性教育が遅れている理由は、『早い時期の性教育が望まない妊娠や中絶を助長してしまう』という考えがある」ことに違和感を感じているから、性教育動画では、「いつかはみんなもセックスの機会があるかもしれないから、そのために必要な情報を包み隠さずに伝える」ことを信念にしている[12]。「大人が具体的なことを何も言わないから、困ったときに相談できない」現状を憂いている[12]。そのうえで、女性が妊娠の機会を迎える前に、必要な知識や選択肢を発信していくことで、それぞれのライフプランを組み上げてもらいたいという。[20]

「シオリーヌ」という名前は、大貫と同世代で運営していたコミュニティで付けられたニックネームである[3]。性問題の話は「真面目」か「下ネタ」のどちらかに傾きやすいため、その中間で、自然体で活動したいために、自分から「シオリーヌ」と名乗っている[3]

大貫は動画のターゲットを「10代の思春期世代」「リアルに性の知識が必要な20代・30代の妊娠・出産期」「子どもに性教育を行う親や教職」の3つに定めている[4]。自分自身が思春期世代に生き辛さを感じていたことと、大学時代に児童相談所で働いた経験などから、「自分のチャンネルを主に見ている13歳から24歳の世代」に、堅苦しくなく、道徳的でもなく、でもきれいごとではないリアルな『性の知識・情報』を伝えるように心がけている[4]。視聴者の6割が24歳以下であるという[12]YouTubeチャンネルには、中学生や高校生からのコメントが数多く寄せられており、そのコメントを見た大貫は、現実の中高生の間に、性の謎情報や都市伝説が数多く広まっていることに驚いたという[4]。そのため、動画では、「コンドームの正しい着け方」や「避妊に失敗した時の対処法」といった具体的な知識を、なるべくわかりやすい方法で解説している[22]。産婦人科クリニックで撮影した子宮頸がん検診の動画を載せたところ、「怖いと思っていたが、分かりやすい内容だった」との反応があり、「具体的な内容が求められている」手ごたえを感じている[4]。「性教育の拡充では性が乱れる」という主張とは逆に、若年層は性教育には真摯に耳を傾け、学んでくれていると大貫は振り返る[20]。最も関心が高い動画は、「コンドームの使用法」と「月経カップの使用法」だという[5]

動画チャンネルの開始当初は、「女性が大っぴらに性の話をするのはどうか」という反応が非常に多かったが、動画発信を続けていくうちに、「大事なことだ」「この動画がきっかけで婦人科を受診した」「彼女のために学んでいる」[23]や、「相手と性行為について話した」「避妊にかかる費用を相談した」[13]などと空気が変わり、「情報をもとに行動を起こす」人が増えてきているという[23]。以前は「女性が性に関心や知識を持つのは『はしたない』という視線」が多かったが、SNSで情報に触れる機会が増えた現在では、他人の視線を気にせずに、性の学びや情報共有ができ始めており、少しずつ「性の話が日常にあるように変わりつつある」感覚が、大貫は嬉しいという[23]

また、視聴のターゲットにしていた中高生の『親世代』からも、「子供に性の問題を伝えられなかったが、動画のおかげで話せるようになった」という反応があった他、大貫のもとにさまざまな「性の悩み」の相談が寄せられるようになったため、Yuotubeのライブ配信やSNSでの相談などで、「困っている人が『病院や支援窓口に相談する勇気を持つ』ことができるような」姿勢を心がけている[12]。大貫はYouTubeの動画コメント欄もコミュニケーションに活用しており、男子から性についての質問コメントが来ることも多いが、大貫は「匿名だからこそ、正直なコメントが来る」ことが嬉しいという[21]

しかし、どんなにYouTubeで性教育動画を配信しても、インターネットを使う手段がない人には届かないもどかしさがあり、やはり「本当に必要な性知識は学校で教えていくべき」だと大貫は語る[20]。性の知識を学んだ若者たちを、大人たちはもっと信じてほしいも言う[20]

一方で、大貫には、「男性器の画像」が送られてきたり[24][25]、ライブ配信で不快な内容のコメントも付けられている[26][27]などの、「根拠のない個人攻撃」や「性的嫌がらせ」も行われている[5]。これには「オープンな性の発信は『セクハラの容認』ではない」[12]と明言し、不快なコメントを無視せずに、『嫌なものは嫌』と突き放すこともやっている[12]。動画に付けられたハラスメント的なコメントは積極的に削除していて、また、そのような行為に警鐘を鳴らす動画も配信している。こういう行為について、大貫は「日本国内では性の話とエロティックが同じイメージが強く、「性問題の話をする女性を性対象にして良い」と勘違いしている男性が多いからじゃないか」とみている[5]

2020年6月、「性的満足を目的とした性的なコンテンツの発信」という理由により、Googleから動画チャンネルの収益化が一時停止されてしまう。この処置に批判が相次ぎ、翌日には収益化停止が解除された[28][29]。原因は日本の「性教育のタブー」にある[29]

2020年11月には、超党派議員連盟「超党派パパママ議員連盟」の会合で、議員向けに性教育広義を行った動画を配信した[30]

SxX EDUCATION
性教育を「もっと多くの人に届ける」ために考案したダンスムービー。楽曲、振り付け、映像も全て手作りで、「歌って踊る助産師の動画」がtwitterで話題となった[31][32]
CHOICE
性教育ミュージックビデオ第2弾。「多くのコンテンツが間違ったジェンダーロールを広めている」「性行為のポジティブな面を伝えたい」との思いから制作された[31]
Active bystander
2020年10月11日国際ガールズデー)に公開。痴漢ナンパ被害の現場に遭遇した際、「見て見ぬふり」で通り過ぎるのではなく、「目撃した傍観者」ができることを実演した動画[33]。非常にリアリティのあるシーンを撮影したため、撮影現場にいた男性スタッフたちにも戸惑いが見られた[20]。脚本を担当したアルテイシア[34]は、「性暴力を防ぐためには、当事者でない第三者に訴える必要を感じた」[35]。公開後、見た女性からは「リアルすぎて泣けた」、男性からは「自分にもできる行動がある」といった感想があった[34]
ユースクリニックへようこそ - ここは、あなたのための病院です -
2021年9月29日から5日間かけて、全5話を公開[36]。原案と監督を大貫が担当し、舘そらみが脚本、出演は全員プロの役者を起用[36]。大阪市内に実在ある、日本に数少ないユースクリニックが舞台[36]。性教育にアクセスできない若い世代がまだまだ多く、そういった世代に「大人が教えられない」謝罪を込めて、1話が15分程度のドラマに伝えたいことを詰め込んだ[36]

著書[編集]

  • シオリーヌ(大貫詩織) 『CHOICE 自分で選び取るための「性」の知識』イースト・プレス、2020年12月。ISBN 978-4-7816-1937-8 
    • 当初は大手出版社から発売予定だったが、完成直前に上層部判断で出版が白紙となってしまった経緯がある[37]
  • シオリーヌ(大貫詩織) 『こどもジェンダー』ワニブックス、2021年4月。ISBN 978-4-8470-7049-5 
  • シオリーヌ(大貫詩織) 『もやもやラボ』小学館クリエイティブ、2021年6月23日。ISBN 978-4-7780-3567-9 
  • 赤川 学, 小堀 善友, シオリーヌ(大貫詩織), Schoo, TENGAヘルスケア監修 『なぜオナニーはうしろめたいのか』星海社新書、2021年10月27日。ISBN 978-4-0652-5045-7 
  • シオリーヌ(大貫詩織) 『やらねばならぬと思いつつ : 超初級 性教育サポートBOOK』Hagazussa Books、2021年11月6日。ISBN 978-4-9100-3408-9 

連載[編集]

  • 「シオリーヌのご自愛SESSION」 - 月刊SPUR2021年4月号より

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 大貫が投稿した動画の中に、ステルシングについて触れる部分もあるが、これにも「犯罪です」と注記にとどめている。

出典[編集]

  1. ^ a b 元看護師が語るシオリーヌ(大貫詩織)から学ぶ性教育の大切さとは?
  2. ^ 職歴と学歴”. Facebook. 2022年7月16日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j 27歳助産師“シオリーヌ”が小中学生に「性教育」を行う理由 | bizSPA!フレッシュ
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 月刊助産雑誌 第73巻第10号 P817-P820 「続・いのちをつなぐひとたち [12] 大貫詩織さん」
  5. ^ a b c d e 助産師、YouTuberとして、 性の身近な相談相手に | 語る I LADY.
  6. ^ 「なぜ痩せていて美人が最強なのか」日本で根強い"ルッキズム"の呪い たったひと言が原因で摂食障害に (2ページ目) | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)
  7. ^ a b 正しい性の情報伝えたい、性教育本出版へCF反響大きく 室蘭出身のイラストレーター 大貫つくしさん|室蘭民報社 電子版
  8. ^ 「性感染症の検査結果を待ってから」と彼は言った。性教育YouTuberの私が恋をした瞬間 | かがみよかがみ
  9. ^ 「フェミニズムや人権の話ができない・拒否される」 信頼できるパートナーシップを築くための秘訣を聞いた - wezzy|ウェジー
  10. ^ shiori_mwのツイート(1273497124999540736)
  11. ^ 「名字とは何か…」人を哲学的にさせる改姓の苦行。結婚の「幸福感」で乗り切れる? | かがみよかがみ
  12. ^ a b c d e f g h i 【性暴力を考えるvol.17】伝えたい 正しい知識と考え方 ~性教育YouTuber シオリーヌ~
  13. ^ a b c d e 月刊エル・ジャポン2021年9月号122ページ「タブーはいらない!みんなのフェムテック まずは性教育から変えていこう」
  14. ^ shiori_mwのツイート(969693944928874496)
  15. ^ shiori_mwのツイート(1070269643833565185)
  16. ^ shiori_mwのツイート(975542999655497728)
  17. ^ shiori_mwのツイート(1119161216155312128)
  18. ^ 子どもに性教育はいらない、なんてない。 - シオリーヌ(大貫 詩織) | LIFULL STORIES
  19. ^ a b c d 月刊クーヨン2021年8月号24p-31p「子どもと考えるジェンダーのこと シオリーヌさん」
  20. ^ a b c d e f 性教育を改革せよ! 助産師兼YouTuber、シオリーヌが打ち破る性のタブー。 | Vogue Japan
  21. ^ a b c d 週刊ポスト2021年12月10日号「これからの性教育の話をしよう」18p-19p 助産師の経験活かした性教育YouTuber 意識するのは「私が正解を決めない」|NEWSポストセブン
  22. ^ 「性教育」ネットで広がり 正しい知識を若者に:東京新聞 TOKYO Web
  23. ^ a b c 週刊an-an2021年7月14日号63ページ「今、きちんと知りたい。私たちのリプロダクティブ・ヘルス」
  24. ^ 「まじ、日本!」怒るシオリーヌ 緊急避妊薬は下ネタか:朝日新聞デジタル
  25. ^ shiori_mwのツイート(1339075166664445952)
  26. ^ shiori_mwのツイート(1223242156904611842)
  27. ^ shiori_mwのツイート(1223243977979088896)
  28. ^ “性教育YouTuber”のシオリーヌさん、アカウントの収益化が予告なく停止される。「どこの部分が不適切なのか説明を」 | ハフポスト
  29. ^ a b 「日本はまだまだ“怖がらせ教育”が多い」性教育YouTuber・シオリーヌさんと考える“オープンな性” 【ABEMA TIMES】
  30. ^ 「日本の性教育を変えて!」性教育YouTuberが国会議員に頼んでみた | 女子SPA!
  31. ^ a b 助産師のシオリーヌが「性教育ミュージックビデオ」を作る理由。AVだけじゃない「性」のエンタメの未来形 | ハフポスト
  32. ^ 助産師が性教育について本気で考えた結果 イメージをくつがえす動画に反響 – grape [グレイプ]
  33. ^ 「冤罪だったら」「トラブルに巻き込まれたら」…見て見ぬ振りをしがちな痴漢やナンパ被害、まずは協力のマインドで性暴力が起きにくい社会に 【ABEMA TIMES】
  34. ^ a b 「性被害を見過ごさないで」傍観者に行動呼びかける動画が話題に:東京新聞 TOKYO Web
  35. ^ 主人公は傍観者。200万再生動画に「超あるある」「信じられない」の声 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)
  36. ^ a b c d 性教育YouTuberシオリーヌさんが性教育ドラマに込めた思い 「情報を若い人に届けることが大人の責任」 - wezzy|ウェジー
  37. ^ 性教育YouTuberのシオリーヌ、出版白紙を乗り越え“10代に届ける性の本”にかける情熱 | ハフポスト

外部リンク[編集]