大谷大学短期大学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大谷大学短期大学部
Otani-Univ-01.jpg
大学設置/創立 1950年
学校種別 私立
設置者 学校法人真宗大谷学園
本部所在地 京都府京都市北区小山上総町
学部 仏教科
幼児教育保育学科
ウェブサイト 大谷大学短期大学部公式サイト
テンプレートを表示

大谷大学短期大学部(おおたにだいがくたんきだいがくぶ、英語: Otani University Junior College)は、京都府京都市北区小山上総町に本部を置く日本私立大学である。1950年に設置された。大学の略称は大谷短大。

概観[編集]

大学全体[編集]

  • 浄土真宗の教えに基づいた教育がベースとなっており大谷大学と同じキャンパスにある。2学科からなっている。

教育および研究[編集]

  • 大谷大学短期大学部における教育
    • 仏教科:浄土真宗をベースとして仏教や宗教に関する科目が中心となっている。「真宗学」や「歎異抄演習」といった全国の短大でも珍しい科目が開講されている。
    • 幼児教育保育科:仏教系の大学という特徴を活かして「仏教保育演習」といった科目もある。
  • 一般教育科目では「仏教と人間」・「情報リテラシー」・「英語」という科目が全学科必修となっている。

学風および特色[編集]

  • 大谷大学短期大学部は大学と同様、親鸞浄土真宗思想に基づいた教育がベースとなっている。
  • 全国の短大でも数少ない仏教科が設置されており、60年近くの歴史がある。
  • 仏教・文化といった大学と同類の学科が設置されているため短大卒業後、同大学へ編入学する学生が毎年少なからずいる。

沿革[編集]

  • 1950年 京都市上京区小山上総町に大谷大学短期大学部が開学。仏教科を置く。
  • 1963年 国文科を増設:在学者数は19(うち男子6)[1]
  • 1966年 幼児教育科増設:在学者数は女子44[2]
  • 1992年 国文科が文化学科に改組される(文化学科の学生数:男28、女301、国文科の学生数:男17、女193[3])。
  • 2006年 幼児教育科を幼児教育保育科に改称。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 京都府京都市北区小山上総町

交通アクセス[編集]

象徴[編集]

  • 大谷大学短期大学部のカレッジマークは大学と同じものが用いられている。

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 仏教科
    • 人間とこころコース
    • 実践仏教コース
  • 幼児教育保育科

過去にあった学科[編集]

  • 文化学科[4]:世界における文化について学ぶ学科となっていた。日本文学日本文化など旧来の国文科に設置されていた科目が一部残っていた。

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし
取得資格について[編集]
資格
  • 保育士:幼児教育保育科
  • 司書:文化学科で取得可能であった。
教職課程

附属機関[編集]

  • 図書館ほか

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

  • 大谷大学短期大学部のクラブ活動は、大学と合同で行われている。年度にもよるが、体育系よりも文化系(社会系)のクラブに所属する学生の方が多い傾向にある。

学園祭[編集]

  • 大谷大学短期大学部の学園祭は大学と合同で、毎年概ね11月に実施されている。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

  • 大谷大学同窓会がある。無論、短期大学部も含まれる。

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

  • 山口益:初代学長
  • 木村宣彰:現学長

出身者[編集]

施設[編集]

  • ほとんど全てが大学と共同で使用されている。

対外関係[編集]

姉妹校[編集]

系列校[編集]


卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

  • 全学科含めて、大谷大学へ編入学する人が多い。

過去のエピソード[編集]

  • 過去の入学試験で、仏教科の競争率が11.5倍になったことがあった。その前年は1.4倍程度で、格段にアップした[6]

関連項目[編集]

関連サイト[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 昭和39年度版『全国学校総覧』(以下『総覧』と略す。)30頁より。
  2. ^ 昭和42年度版『総覧』37頁より。
  3. ^ 1994年度版『総覧』74頁より。
  4. ^ 学生募集は2008年度入学生まで。
  5. ^ 教員養成課程認定大学短期大学一覧』(1955年)63頁「大谷大学短期大学部」の項より。
  6. ^ 1992年度入学者一般入学試験での受験者482人に対し、合格者が42人となっており、300点満点中225点が合格最低点とかなり厳しい結果となっていた。ちなみに、この年に課された試験科目は国語と英語となっており、前年の同種入学試験では課されていた社会科目と国語科目である漢文がそれぞれ削除されていた。この年は、国文科が文化学科に改組され、仏教科の定員が180名から文化学科に100名移動された。以上のことから、競争率が格段に上がったものとみられる。

公式サイト[編集]