増田忠俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
増田 忠俊 Football pictogram.svg
名前
愛称 マス[1]
カタカナ マスダ タダトシ
ラテン文字 MASUDA Tadatoshi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1973-12-25) 1973年12月25日(43歳)
出身地 静岡県庵原郡蒲原町[2]
身長 171cm[3]
体重 70kg[3]
選手情報
ポジション MF[3]
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1992-2000 鹿島アントラーズ 148 (27)
2000-2001 FC東京 23 (01)
2002 ジェフ市原 14 (02)
2003-2005 柏レイソル 47 (02)
2006 大分トリニータ 3 (00)
代表歴2
1998 日本の旗 日本 1 (0)
監督歴
2008-2009 HOYO ELAN大分
1. 国内リーグ戦に限る。2006年12月31日現在。
2. 1998年2月15日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

増田 忠俊(ますだ ただとし、1973年12月25日 - )は、静岡県庵原郡蒲原町[2](現 静岡市清水区蒲原)出身の元日本代表サッカー選手。ポジションはミッドフィールダー(MF)。PRISM所属。

来歴[編集]

1992年静岡学園高校から創立直後の鹿島アントラーズに加入。1994年からトップチームで出場するようになり、ドリブルや二列目からの飛び出し等、チャンスメーカーとして活躍。多くのタイトル獲得に貢献した[4]。また1998年には日本代表に選出され、2月19日のオーストラリア戦で代表デビューを飾った[2]。また3月4日のダイナスティカップ香港選抜戦に出場、前半40分に得点を決めている(相手が選抜チームのため、国際Aマッチ得点とは認められず)。しかし同年8月、Jリーグ1st第17節広島戦で右両下腿骨を複雑骨折[2][4][5]。長期のリハビリを経て翌1999年9月に復帰した[2]

2000年は開幕からコンディションを維持していたが[2]、試合終盤に入ってからの途中出場ばかりで(小笠原満男との交代が多かった)[6]持ち味を発揮する間が無かったことから[7]、自身の向上のため[8]移籍を決意[2]

2000年6月よりFC東京期限付き移籍。シーズン途中、しかも自身初の移籍だったが、同じく鹿島から移籍加入した内藤就行の存在もあって早々とチームにフィット[9]。負傷欠場した佐藤由紀彦に代わって右サイドハーフに配されると[10]、的確なボール保持で[11]中盤のアクセントとなり[2]攻撃のリズムを変えるオプションとして貢献[1]。右サイドバック内藤との好連携も見せた[12]大熊清監督からは、突破力では佐藤に劣るもののFWへのパスによるチャンスメイクで勝ると評価され、相手の出方や味方FWの調子を加味して使い分けられた[11][10]。2001年に完全移籍加入したが[13]、この年は佐藤が重用されたために出場機会を減らした[14]

2002年、ジェフユナイテッド市原へ完全移籍[14]。4年ぶりとなるリーグ戦複数得点を挙げた。2003年からは柏レイソルへ移籍加入[15]。3シーズン奮戦を続けたが、チームは2005年にJ2降格を喫し同年限りで退団。

2006年、大分トリニータに移籍[16]。20歳頃から続いていた[5]という腰痛に苦しめられる中でも[4]試合に向けて念入りに調整し、チーム最年長選手としてサッカーへ取り組む姿勢を若手選手へ示した[5]。同年11月20日に現役引退を表明[17]

2007年3月からは、スーパーJチャンネルおおいたの「増田's EYE」で大分トリニータの試合分析を行う他、2009年9月までHOYO Atletico ELAN大分の監督を務めた。また、大分トリニータスクールコーチ、CSのサッカー中継(基本的に九州石油ドーム開催試合のみ)解説者などを務めている。

2014年、自身が代表を務めるサッカースクール「M.S.S.」を発足。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1992 鹿島 - J - 0 0 0 0 0 0
1993 0 0 0 0 0 0 0 0
1994 26 6 1 0 0 0 27 6
1995 35 6 - 4 1 39 7
1996 29 4 13 1 3 1 45 6
1997 14 23 5 10 3 5 2 38 10
1998 16 4 4 3 0 0 20 7
1999 J1 5 2 3 0 2 0 10 2
2000 14 0 0 0 - 14 0
FC東京 13 13 1 2 0 1 0 16 1
2001 18 10 0 2 0 1 0 13 0
2002 市原 15 14 2 6 2 4 1 24 5
2003 12 13 0 4 0 2 0 19 0
2004 19 2 3 0 0 0 22 2
2005 15 0 3 1 1 0 19 1
2006 大分 14 3 0 4 0 0 0 7 0
通算 日本 J1 235 32 55 10 23 5 313 47
総通算 235 32 55 10 23 5 313 47
その他の公式戦
国際大会

代表歴[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 1試合 0得点[15] (1998年)


日本代表 国際Aマッチ その他 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点
1998 1 0 2 0 3 0
通算 1 0 2 0 3 0

指導歴[編集]

  • 大分トリニータ スクールコーチ
  • 2007年 - 2009年 HOYO Atletico ELAN大分 コーチ / 監督
  • 大平山AFC 特別コーチ[18]
  • FUT6 テクニカルコーチ[19]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『FC東京ファンブック2001』 毎日新聞社2001年、32-33頁。
  2. ^ a b c d e f g h VOICE! No.775 (1/5)”. 2001年2月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月5日閲覧。 WEBサッカーマガジン (2000年8月)
  3. ^ a b c d 登録選手一覧表 Jリーグ (2006年12月8日)
  4. ^ a b c 元日本代表MF増田が今季限りで引退”. 2006年11月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月5日閲覧。 日刊スポーツ (2006年11月13日)
  5. ^ a b c 大分MF増田 / スポッ人ライト”. 2007年11月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月5日閲覧。 日刊スポーツ (2006年12月11日)
  6. ^ 選手出場記録 Jリーグ (2000年5月27日)
  7. ^ VOICE! No.775 (5/5)”. 2001年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月5日閲覧。 WEBサッカーマガジン (2000年8月)
  8. ^ VOICE! No.775 (4/5)”. 2001年2月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月5日閲覧。 WEBサッカーマガジン (2000年8月)
  9. ^ VOICE! No.775 (2/5)”. 2001年2月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月5日閲覧。 WEBサッカーマガジン (2000年8月)
  10. ^ a b 選手出場記録 Jリーグ (2000年11月26日)
  11. ^ a b 荒川裕治 (2001). FC東京の挑戦. 小学館. p. 206. 
  12. ^ VOICE! No.775 (3/5)”. 2001年2月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月5日閲覧。 WEBサッカーマガジン (2000年8月)
  13. ^ 増田忠俊選手 移籍決定のお知らせ”. 2002年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月29日閲覧。 FC東京 (2000年12月19日)
  14. ^ a b 増田忠俊選手 移籍決定のお知らせ”. 2002年3月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月29日閲覧。 FC東京 (2002年1月10日)
  15. ^ a b 増田忠俊選手 移籍加入のお知らせ 柏レイソル (2003年1月22日)
  16. ^ a b 増田 忠俊選手が大分トリニータに移籍 柏レイソル (2006年1月22日)
  17. ^ MF増田忠俊選手 現役引退のお知らせ”. 2007年8月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月5日閲覧。 大分トリニータ (2006年11月20日)
  18. ^ スペシャルコーチ 大平山AFC
  19. ^ 監督・スタッフ紹介 FUT6

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
渡邊慎也
HOYO Atletico ELAN大分監督
2008年3月 - 2009年9月
次代:
ブレノ・エンヒケ・バレンチン