内藤就行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
内藤 就行 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ナイトウ ナルユキ
ラテン文字 NAITO Naruyuki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1967-11-09) 1967年11月9日(51歳)
出身地 奈良県奈良市[1]
身長 178cm[2]
体重 72kg[2]
選手情報
ポジション DF[2]MF
利き足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1990-1992 本田技研
1992-1999 鹿島アントラーズ 148 (3)
2000-2001 FC東京 38 (1)
2001-2002 アビスパ福岡 37 (1)
2003 ヴォルカ鹿児島
監督歴
2004 サガン鳥栖U-18
2016 アンジュヴィオレ広島
2017 神戸国際大学
2018- ブランデュー弘前FC
1. 国内リーグ戦に限る。2017年12月31日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

内藤 就行(ないとう なるゆき、1967年11月9日 - )は、奈良県出身の元サッカー選手、サッカー指導者。JFA公認S級コーチライセンス保持者。

来歴[編集]

帝塚山FC時代の第3回全日本少年サッカー大会で決勝大会を経験。 大淀高校時代に全国選手権に出場。

中京大学卒業後、1990年JSL1部本田技研に入団。 Jリーグ開幕に伴い1992年鹿島アントラーズに移籍。フォワード(FW)として加入したが、同時期に鹿島に在籍していたアルシンド黒崎比差支長谷川祥之といったFW陣の中でレギュラーを獲得するには至らず、1995年に右サイドバック(SB)へコンバートされレギュラーポジションを掴んだ[3]1996年には全試合に先発出場し鹿島初となるJリーグ年間優勝を支えた[3]

1997年、当時日本代表レギュラーSBでもあった名良橋晃の移籍加入によって、SBからボランチへポジションを移したが[3]早々にプレーを身に付け、セカンドステージ及びチャンピオンシップ優勝に貢献。時には最終ラインでストッパーも務めるなど多様なポジションをこなすユーティリティプレイヤー、陰のMVPとして[4]活躍。元々FWだったこともあり、機を見たオーバーラップでチャンスを演出した。

2000年FC東京に完全移籍。大熊清監督からは攻撃参加のタイミングやクロス精度だけでなく、常に全力プレーを心がけるプロ意識を評価されて信頼を掴み[4]梅山修から右SBの定位置を奪取。年間を通してレギュラーとして活躍した。開幕から連勝し一時は首位に立つなどした東京旋風を支え、8月19日に行なわれた国立競技場での古巣・鹿島戦では同点に追いつく値千金の移籍後初ゴールを決めるなどチームのJ1定着に足跡を残した。FC東京はこの年J1初参加だったため多くのJ1経験者を補強していたが、その中でレギュラーを確保できたのはGK土肥洋一と内藤だけだった[5]。翌2001年も開幕から右SBとして先発起用されていたが、6月頃から小峯隆幸がSBに配されるようになり、出場機会を減らしていた。

2001年シーズン途中の8月、守備陣の人材不足に陥り成績低迷の最中にあったアビスパ福岡は、J2降格を阻止すべく内藤を完全移籍で獲得[6]。しかし最終節で降格が決定し、2002年は自身初となるJ2でのプレーとなった。若返りを図るクラブ方針により戦力外通告を受けたため、この年限りで福岡を退団。

2003年からは指導者の第一歩として九州リーグヴォルカ鹿児島にて選手兼任でコーチを務めた[7]。同年をもって現役を引退。

2004年サガン鳥栖のユース監督に就任[7]2005年からはトップチームのコーチ(サテライトチーム監督兼任)として若手選手の育成を担当[7]松本育夫岸野靖之両監督の下3年間鳥栖の躍進を支えた。2008年にはJリーグで監督を務めることができるS級コーチライセンスを取得[7]

2009年、J1初挑戦となるモンテディオ山形のトップチームコーチに就任した[8]。山形でも若手選手の指導に力を注ぎ、小林伸二監督を補佐。戦力差故の前評判の低さを覆し3年に渡ってJ1に残留、チームを強化した。小林の退任に併せ、山形との契約を満了[9]

2012年アルビレックス新潟ユースコーチ[10]2013年に九州産業大学サッカー部のヘッドコーチを務めた[11][12]

2016年アンジュヴィオレ広島のヘッドコーチに就任[13]。同年4月には監督に昇格した[14] ものの、成績不振により9月に監督を解任された[15]

2016年9月、香川県立高松商業高校のコーチに就任した[16]

2017年4月、神戸国際大学サッカー部監督に就任。2018年よりブランデュー弘前FCの監督に就任した[17]

エピソード[編集]

  • サーフィン愛好家[1][3]。鹿島在籍時にやり始め、ロングボードの虜になった。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1990-91 本田 14 JSL1部 9 1 3 1
1991-92 9 21 2 4 0
1992 鹿島 - J - 6 0 2 1 8 1
1993 4 0 0 0 0 0 4 0
1994 15 1 0 0 1 0 16 1
1995 32 0 - 4 1 36 1
1996 30 1 9 0 3 0 42 1
1997 5 20 0 11 0 1 0 32 0
1998 28 1 5 1 4 0 37 2
1999 J1 19 0 3 0 0 0 22 0
2000 FC東京 2 27 1 2 0 1 0 30 1
2001 11 0 2 0 - 13 0
福岡 38 10 0 - 0 0 10 0
2002 5 J2 27 1 - 0 0 27 1
2003 V鹿児島 九州 - 1 0
通算 日本 J1 196 4 38 0 16 2 250 6
日本 J2 27 1 - 0 0 27 1
日本 JSL1部 30 3 7 1
日本 九州 -
総通算
その他の公式戦
国際大会

指導歴[編集]

監督成績[編集]

年度 クラブ 所属 リーグ戦 カップ戦
順位 勝点 試合 備考
2016 アンジュヴィオレ広島 なでしこ2部 10位 4 8 1 1 6 第5節から第12節まで。順位は最終順位。
2017 神戸国際大学 関西学生2部 前期第4節から。
総通算 - - 8 1 1 6 -

脚注[編集]

  1. ^ a b 内藤コーチ サーフィンから環境意識を スポーツニッポン九州版 (2008年5月30日)
  2. ^ a b c 登録選手一覧表 (2002年12月6日)
  3. ^ a b c d 『FC東京ファンブック2000』毎日新聞社、2000年、32-33頁。
  4. ^ a b c d 『FC東京ファンブック2001』毎日新聞社、2001年、24-25頁。
  5. ^ 『FC東京ファンブック2002』毎日新聞社、2002年、106頁。
  6. ^ 内藤就行選手 アビスパ福岡に移籍決定のおしらせ”. 2001年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月5日閲覧。 FC東京 (2001年7月30日)
  7. ^ a b c d e f g h 第6回理事会 協議事項 (PDF) 日本サッカー協会 (2008年9月11日)
  8. ^ モンテディオ山形 2009シーズン新体制のお知らせ モンテディオ山形 (2009年1月14日)
  9. ^ 内藤就行コーチ契約満了のお知らせ モンテディオ山形 (2011年11月30日)
  10. ^ 2012シーズン アカデミー(ユース・ジュニアユース・ジュニア)体制について アルビレックス新潟 (2012年1月31日)
  11. ^ ユース 内藤 就行コーチ 退任のお知らせ アルビレックス新潟 (2013年1月29日)
  12. ^ 内藤就行ヘッドコーチ、森川拓巳コーチ就任のお知らせ 九州産業大学学友会体育会サッカー部 (2013年1月29日)
  13. ^ 内藤就行ヘッドコーチ就任の発表 アンジュヴィオレ広島 (2016年2月8日)
  14. ^ アンジュヴィオレ広島 新監督就任のお知らせ - 2016年4月28日 アンジュヴィオレ広島HP
  15. ^ アンジュヴィオレ広島 監督交代のお知らせ - 2016年9月1日 アンジュヴィオレ広島HP
  16. ^ “高松商、名門復活へ…センバツ準Vの野球部に続くぞ”. デイリースポーツ. (2016年12月26日). http://www.daily.co.jp/soccer/2016/12/26/0009781526.shtml 
  17. ^ “2018シーズン 監督内定のお知らせ” (プレスリリース), ブランデュー弘前FC, (2017年12月31日), http://www.blancdieu-hirosaki.com/information/clubnews/2018%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%83%b3%e3%80%80%e7%9b%a3%e7%9d%a3%e5%86%85%e5%ae%9a%e3%81%ae%e3%81%8a%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%9b/ 2017年12月31日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]