塩見正直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

塩見 正直(しおみ まさなお、1936年昭和11年)- )は、日本の環境自動車技術者、経営者トヨタ自動車エスティマプリウスの開発者。トヨタ車体株式会社会長。「環境のトヨタの立役者」として知られる[1]

来歴[編集]

生い立ち[編集]

昭和11年(1936年)、龍雲寺住職・塩見正道の次男として京都府福知山市雲原に生れる。曾祖父は出石藩士・塩見信四郎[2]

昭和34年(1959年)3月、名古屋工業大学機械工学科卒業[1]

自動車技術者として[編集]

昭和34年(1959年)4月、トヨタ自動車工業株式会社(現・トヨタ自動車株式会社)入社[3]

昭和49年(1974年)、同社技術部シャシー設計課・課長[1]

昭和55年(1980年)、タウンエース主査(チーフエンジニア[1])。

エスティマの開発[編集]

昭和58年(1983年)、エスティマの主査(CE)となり、翌昭和59年(1984年)、製品開発企画室に配属。商用車・SUVの開発に従事する。塩見は、

  • 軽積・定積を問わず、常に前後50:50に近い重量配分にする
  • 小さなヨーイング慣性モーメントで、操縦性・安定性とブレーキ性能を実現させる
  • フルキャブオーバー並のスペース効率を持った広い室内にする
  • 世界中のデザイナーが夢見るワンモーションの未来的なデザインにする
  • 女性にも容易な乗降性とウォークスルーなどに優れた使用性を追求する
  • 圧迫感の無いインストルメントパネルによりサービス性を向上させる

コンセプトに車輌を開発。エンジンは、床下にエンジンを格納するため、小型化し、75度傾けて搭載することを提案したが、開発当時、このエンジンのを「横倒しエンジン」と呼んでいたため、「お前はトヨタを倒す気か!」と言われて揶揄され以降は「低姿勢エンジン」と呼び方を変えて開発を進めた[4]。 補機駆動システムは、車両前部のフード内に、PSポンプやファンを格納。後部からドライブシャフトを介して駆動するという独自の構造を採用した[4]

また、エンジンオイルのオートフィーダーシステムを開発し「エンジンオイル・レベルセンサー」を設置することにより、オイルの量をチェックし自動的に補充を行うことが出来るように改良。シャシーは、ミッドシップエンジンのレイアウト、ロングホイールベースとワイドトレッドを採用することによって、低重心をはかり、基本枠に理想の重量配分と最小のヨーイング慣性のモーメントを実現。さらに最新の独立懸架とディスクブレーキを採り入れ、これらを融合することによって、操安性、乗心地、ブレーキ性能を高めた[4]

昭和63年(1988年)、技術担当取締役に就任。初代エスティマは、性能・外観ともに魅力ある自動車の開発を目指し、斬新なボディー形状を採用。平成2年(1990年)2月にアメリカで販売を開始し、日本欧州豪州については、3ヶ月遅れて5月に販売を開始した[4]。エスティマは車内空間と乗用車並みの運転性能をワンボックスカーで実現し、自動車市場を席捲。「トヨタの天才タマゴ」と呼ばれ、日本の「カーオブザイヤー」など、多数の賞を受賞する[4]

ハイブリッド式自動車の開発[編集]

平成4年(1992年)、常務取締役・第3開発センター長に就任。EV開発部を新設し、ハイブリッド車輌、燃料電池車輌などの自動車の環境対策に関する新技術を研究。(プリウス開発時の商用車開発センター長、ハイブリッド式自動車の開発拠点となったEV部、BR-VF室を担当[3]

二酸化炭素排出の削減などを念頭に、地球環境に優しい電気自動車、燃料電池車の開発に着手し、電池新会社の設立にも尽力[3]

ハイブリッド燃料によるマイクロバスおよび、世界初の量産ハイブリット式乗用車の開発にあたり自ら陣頭指揮を執る。この結果として世界で最も量産された電気自動車の開発する事となった[1]

自動車部品にバイオ革命をもたらす[編集]

平成8年(1996年)、アラコ株式会社の社長に就任すると同時に「環境」と「福祉」をキーワードに、環境に優しいバイオマテリアルの自動車部品開発に着手。小型EV・コムスを開発。平成13年(2001年)、アラコ株式会社の会長に就任した[3]

平成15年(2003年)5月、100%植物製部品を搭載した世界初の自動車・ラウムを開発し販売。これ以降、トヨタ自動車は「環境のトヨタ」として認識されるようになり、ラウム開発の一翼を担った塩見正直はリサイクル技術の活用、超小型電気自動車の導入、高度なバリアフリーを実現した福祉車両の開発に携わるなど、多くの商品を世に送り出し、「環境のトヨタの立役者」として世界の自動車技術者の中で知られる存在となった[3]

平成16年(2004年)、トヨタ車体株式会社の会長に就任。さらに翌平成17年(2005年)、トヨタ車体株式会社の技監に就任。塩見が燃料電池車からバイオマスに転換をはかった背景には、ハイブリッド車、燃料電池車などのモーター駆動を取り入れた低公害車の開発力があった。しかし、1990年代初めまでは、トヨタ自動車はこの分野で決して他社より抜きん出た存在ではなく、熾烈な開発競争の中で世界トップに躍り出た裏には、塩見の環境車開発に対する深い信念があったと言われる[1]

これらの塩見の研究は、多くの支持を受け、今日のSUV車両コンセプトにも受け継がれていのみならず、20年間に及ぶ自動車のシャシー部分開発においても、世界に前例のない独創的な新機構を多数開発し、快適な乗り心地ある自動車の礎を築く事となった[5][6]

講演[編集]

  • 平成16年(2004年4月15日、バイオビジネスコンペJAPANにおいて『トヨタのバイオ戦略』を講演。
  • 平成17年(2005年)、名古屋工業大学創立100周年記念対談において、大学学長・松井信行と対談[3]
  • 平成18年(2006年10月31日京都大学生存圏研究所において『植物で創る自動車 -循環型社会の実現に向けて-』を講演。
  • 平成25年(2013年4月7日、トヨタ博物館で行われた車輌開発者講演会において、初代エスティマ主査(CE)として『天才タマゴ 初代エスティマを開発して』を記念講演。
  • 平成27年(2015年5月23日一般社団法人名古屋工業会において、『サスティナブル・モビリティの実現に向けて』を講演。

受賞[編集]

  • 平成15年(2003年)技術貢献賞 - 自動車技術会[7]

インタビュー[編集]

関連系図[編集]

 
片岡惣祐
 
 
片岡惣祐
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
足立栄三郎
 
 
足立七郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
片岡利助
 
 
片岡久六
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
足立忠太郎
 
足立光宏
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
足立治左衛門
 
 
足立作蔵
 
 
足立つま
 
 
 
 
 
 
西島章次
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
片岡常七
 
 
片岡常七
 
 
片岡勝次郎
 
 
 
片岡精七
 
 
 
足立八五郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
多田義徳
 
 
 
 
 
 
 
 
片岡精三郎
 
 
 
片岡清助
 
 
 
片岡五郎
 
 
片岡誠
 
 
西島暁美
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
多田弥太郎
 
 
 
小出れい
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
片岡正
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
桜井斎の娘
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
片岡千恵
 
 
 
片岡静
 
 
 
片岡美栄子
 
 
片岡永
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
武林院
 
 
泰量院
 
 
小出謙
 
 
 
塩見峯太郎
 
 
 
中村弘子
 
 
 
 
 
 
 
 
塩見正俊
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
塩見源助
 
 
塩見伴太夫
 
 
塩見信四郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
塩見正道
 
 
塩見正直
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
女子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
塩見よし
 
 
 
塩見曻一
 
 
 
片岡孝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
塩見はま
 
 
 
塩見宇多造
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
湯口吉五郎
 
 
 
 
 
 
 
 
松本君平
 
 
 
 
 
 
 
 
 
片岡勝世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松本市平
 
 
松本三郎平
 
 
松本丑太郎
 
 
 
板垣節子
 
 
 
板垣武生
 
 
 
 
藤田喜美子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
板垣守正
 
 
 
 
片岡富美子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
板垣鉾太郎
 
 
 
板垣正貫
 
 
 
 
 
 
 
 
高岡真理子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
乾信武
 
 
 
乾正成
 
 
板垣退助
 
 
 
乾正士
 
 
 
 
 
 
 
 
 
乾一郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
中村朝子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
谷村自熈の娘
 
 
高野長蔵
 
 
高野直作
 
 
 
乾八重野
 
 
 
川瀬美世子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
谷村自雄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高野成雄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
杉崎光世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
入江金右衛門
 
 
川瀬徳太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
浅野千代子
 
 
 
浅野一治
 
 
浅野治史
 
浅野造史
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
浅野博正
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
浅野泰順
 
 
浅野総一郎
 
 
浅野泰治郎
 
 
 
浅野五郎
 
 
浅野一
 
浅野一郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
浅野八郎
 
 
浅野久弥
 
 
 
浅野昌英
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
三井高福
 
 
三井高朗
 
 
三井高棟
 
 
三井高公
 
 
 
浅野久子
 
 
 
浅野綾
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
中内栄
 
 
中内秀雄
 
 
 
中内功
 
 
 
中内正
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平義建
 
 
徳川慶勝
 
 
徳川義恕
 
 
津軽義孝
 
 
 
山田美枝子
 
 
中内るみ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
華子妃
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正仁親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
孝明天皇
 
 
明治天皇
 
 
大正天皇
 
 
昭和天皇
 
 
 
 
上皇陛下
 
 
天皇陛下
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
文仁親王
 
悠仁親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
浅野総太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
安田善悦
 
 
安田善次郎
 
 
安田てる
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
安田周三郎
 
 
浅野三四子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
米田汎延
 
 
伊臣忠一
 
 
安田善三郎
 
 
 
小野磯子
 
 
 
オノ・ヨ-コ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ショ-ン・レノン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小野英二郎
 
 
小野英輔
 
 
ジョン・レノン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f 『「環境のトヨタ」を生んだ立役者 挑戦は燃料電池車からバイオマスに(アラコ会長・塩見正直氏)』”. 日経ESG (2002年9月). 2020年11月1日閲覧。
  2. ^ 『兵庫縣舊出石藩士族生計一覧表』出石氣多郡役所、明治16年(1883年)10月調査
  3. ^ a b c d e f 『名古屋工業大学創立100周年記念対談 松井信行 名古屋工業大学学長、塩見正直 トヨタ車体(株)技監 実学をいかに企業で開花させるか』”. オ-ム社 (2005年10月). 2020年11月1日閲覧。
  4. ^ a b c d e 『サスティナブル・モビリティの実現に向けて』
  5. ^ 『環境技術、スペシャルティーカー開発、シャシー技術の向上発展への貢献(2003)』技術貢献賞/受賞理由「塩見正直氏は、1959年にトヨタ自動車工業(株)入社以来、現在まで、自動車技術の発展及び自動車産業の振興に多大な貢献をしてきた。特に、環境対応技術の取組みでは、世界で最も量産された電気自動車の開発を指揮すると共に、電池新会社の設立にも尽力した。更に、低公害車の普及を目指し、ハイブリッドマイクロバスや世界初の量産ハイブリット乗用車開発の陣頭指揮をとった。魅力ある自動車の市場への提供という面では、1990年に、斬新なボディー形状や室内空間、乗用車並みの運転性能をワンボックスカーで実現し、多くの支持を受け、今日のSUV車両コンセプトにも受け継がれている。また、20年間のシャシー開発においても、世界に前例のない独創的な新機構を多数開発し、快適な自動車の礎を築いた。1996年以降は、アラコ(株)の経営責任者として、「環境」「福祉」をキーワードとして、環境に優しいケナフ製品の開発をはじめ、リサイクル技術の活用、超小型電気自動車の導入、高度なバリアフリーを実現した福祉車両の開発など、多くの製品を世に送り出した」より。
  6. ^ 和田明広(技術担当副社長)「塩見さんはあの革新的なエスティマを作ったことでわかるように、天才肌の人なんです。電気は絶対にやるべしということで、担当役員としてEVを後押ししていました。トヨタでは2014年にミライを発売しましたが、燃料電池車の研究は1992年に始めていました。これも塩見さんのアイデアなんですね。ハイブリッドについても、必ず日の目を見るからしっかりやれよと。和田さんは塩見さんの目利きを信じていましたから、チャレンジャブルな決断ができたんだと思います」(『プリウス誕生秘話 第1回 21世紀のクルマを提案せよ(1993年9月-1994年11月)』GAZOO 2015年12月11日号より)
  7. ^ 『技術貢献賞(塩見正直)』”. 自動車技術会 (2003年). 2020年11月1日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]