板垣鉾太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

板垣 鉾太郎(いたがき ほこたろう、慶応4年5月15日1868年7月4日) - 昭和17年(1942年2月4日)は、日本教育家従四位

来歴[編集]

慶応4年5月15日1868年7月4日土佐藩士・板垣退助の嫡男として土佐国高知城下に生まれる。母は土佐藩士・小谷正臣(善五郎)の娘、鈴。

明治21年(1888年5月15日山田平左衛門を校長に招聘し、高知県土佐郡種崎町に私立学校泰平学校を設立した[1]。開校初年度は教員13名・生徒203名であった[2]。同校は尋常小学校卒業者を入学の対象者とし、英・和・漢・数・仏学・法律・翻訳などの教育に心血を注いだ。

明治31年(1898年)には『現今華族上流社会の矯正を望む』と題した論考を発表し、その中で「華族上流にある者、己が良心に顧みて、社会の悪弊を一洗するに躊躇せず、我、日本帝国名誉を挽回する事を勉めずんばあるべからず」と主張した[3]

大正8年(1919年7月16日父退助の薨去に際し、退助の持論である 一代華族論[4]を実践するために自ら廃嫡し、襲爵をしなかった。家督は鉾太郎の次男守正が相続した。

一般に病弱のように書かれるが、それは上記廃嫡の手続きを取るにあたり「疾病により、家督を相続することができないため」という口実で襲爵の手続きを遅延させ、時効[5]になさしめたためである。

昭和17年(1942年2月4日逝去。享年75。

家族[編集]

補註[編集]

  1. ^ 「泰平学校の開校」『土陽新聞』明治21年(1888年5月15日号より。
  2. ^ 「泰平学校教員・生徒の現在数」『土陽新聞』明治21年(1888年9月22日号より。
  3. ^ 「現今華族上流社会の矯正を望む」板垣鉾太郎、(所収『婦人新報』第14号、婦人新報社、19頁)
  4. ^ http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/798399/1
  5. ^ 明治40年の華族令改正による「相続人が6カ月以内に家督相続の届出をしなければ爵位返上となる」を利用したものである。正当な理由なく襲爵手続きを遅延させることが出来なかったので、「健康不良」を理由として手続きを遅延させた。

参考文献[編集]

  • 『婦人新報』第14号、婦人新報社、明治31年(1898年

外部リンク[編集]