松本丑太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松本 丑太郎(まつもと うしたろう、天保12年8月15日1841年9月29日) - 明治42年(1909年12月1日)は、静岡県小笠郡中内田村(後の菊川市)の初代村長。醸造家

人物[編集]

天保12年8月15日(1841年9月29日)、松本三郎平の長男として、静岡県城東郡中内田村213番地に生まれる。

文久3年4月15日(1863年6月1日)、西方村の木佐森茂助の三女・幸(こう)と結婚

幕末の領主、井上志摩守勤皇の志ありて上洛する際、松本も金百両を献納し勤皇を誓う。明治9年(1876年10月1日父・三郎平の隠居に伴い家督を相続。以降、牧之原台地を開墾して、最新式の製茶工場を建て、製茶を始めた[1]

明治22年(1889年)4月、中内田村の初代村長となり、静岡を製茶の一大産地とせんことを志す[1]。明治42年(1909年12月1日死去。享年69歳。

現在もその徳を讃える石碑が、応声教院の石段西にある。丑太郎の開墾した、牧之原台地の西の集落を「松本開墾」という[1]

なお次男は政治家思想家松本君平である。長女の節子は板垣退助の嫡男鉾太郎に婚し、満州国長春市で客死した。

系譜[編集]

  • 松本氏 家紋は「丸の内橘」。
 ∴
松本市平
 ┃
 ┣━━━━┳━┳━┳━━┓
 ┃    ┃ ┃ ┃  ┃
松本三郎平 男 男 男 松本玉音
 ┃
 ┃
 ┃
松本丑太郎
 ┃
 ┣━━━━━┳━━━━━┳━━━━┳━━━┳━━┳━━┳━━┓
 ┃     ┃     ┃    ┃   ┃  ┃  ┃  ┃
松浦榮太郎 松本貞次郎 石岡孝平 松本三郎 せつ ゑつ よし いと
        (君平)

補註[編集]

  1. ^ a b c 松本丑太郎(内田村最初の村長さん)”. 内田名所人物100選(菊川市立内田小学校) (2011年). 2014年7月11日閲覧。