応声教院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
応声教院

応声教院(おうしょうきょういん)は、静岡県菊川市にある浄土宗の寺院。山号は松風霊山。本尊は阿弥陀如来

歴史[編集]

この寺は、855年斉衡2年)勅願により円仁が創建したと伝えられ、元は天台宗の寺院で天岳院と号したという。1175年承安5年)浄土宗の僧法然がこの寺に入り浄土宗に改められたが、法然は師である皇円菩提をこの寺で弔ったと伝えられる。

文化財[編集]

重要文化財(国指定)[編集]

  • 山門 - 切妻造、本瓦葺き、正面3間、側面1間の門。江戸時代初期の建立で、元は静岡市の宝台院にあったものを1918年(大正7年)に移築した。寺院の八脚門は側面を2間とするのが通例だが、この門は側面を1間とする。太い角柱上に冠木を渡し、軒の出を腕木で支えるなど、全体の構造形式は城門に近い特異な門である。

所在地[編集]

  • 静岡県菊川市中内田915

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度44分14.8秒 東経138度4分13.7秒 / 北緯34.737444度 東経138.070472度 / 34.737444; 138.070472