大川悠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大川 悠(おおかわ ゆう、1944年 - )はクルマ中心のライター/エディター。

国際基督教大学中退。1965年、CAR GRAPHIC(現CG)編集部員として株式会社・二玄社入社。主にフランス車への理解が深く、1970年代には全集『世界の自動車』の『シトローエン』、『シムカ/マートラ/アルピーヌ その他』両編の執筆も担当。

一方で、自動車の社会的側面(経済的側面、安全・公害・資源問題など)にも独自の見識を披露していた。

CGでは副編集長を経て、1984年、まったく新しい感覚の自動車雑誌NAVIを創刊、初代編集長となる。以後、編集局長、二玄社自動車部門総編集局長、同社の自動車情報サイト『webCG』のエグゼクティブ・ディレクター、顧問などを務めた後、2006年6月に退社。

現在はフリーランスのライター/エディター。デザイン会社D&Dスタジオのデザイン顧問も務める。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
(創刊)
NAVI編集長
初代:(1984年4月~1989年4月)
次代:
鈴木正文(1989年~1999年?)