片岡孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

片岡 孝(かたおか たかし、1921年大正10年)11月30日 - 1999年平成11年)8月13日)は、大阪外国語大学の外国語学部(ロシア語科)名誉教授で、ロシア語学者。号は枕流(ちんりゅう)。

経歴[編集]

レニングラード大学(現校名サンクトペテルブルク大学
  • 兵庫県朝来郡枚田村生まれ。
  • 旧制大阪商科大学(現 大阪市立大学)を卒業後、ロシア語修学を志して、1941年(昭和16年)旧制大阪外国語学校(現 大阪大学外国語学部)ロシア語科に入学(20回生)。卒業直前に結核のため喀血し、余命半年を宣告され徴兵免除となる。転地療養のため四国八十八箇所の巡礼を行い、奇跡的に恢復する。その後、満州に渡り、満ソ国境附近でコサック兵に見つかり一旦捕虜となるも、間もなく脱走して帰国を果たす。
  • 1945年(昭和20年)4月、母校である大阪外事専門学校(のちの大阪大学外国語学部)に教員採用され、以後42年間奉職する。
  • 1960年代にモスクワに滞在し、語学伝習を行う。
  • 1970年代中頃にレニングラード大学に、交換教授として勤務する。
  • 1987年(昭和62年)3月、同校を退官する。
  • 1999年平成11年)8月13日死去。享年79。法名は游露探道居士。

研究発表[編集]

  • 『ソビエト連邦における外国人に対するロシア語教育施設瞥見』片岡孝、1969年6月


家族[編集]

1720年(享保5年)、片岡氏は出石郡香住村(現 豊岡市香住)から出石城下に移り居住した[1]

関連系図[編集]

片岡惣祐
 
 
 
 
片岡惣祐
 
 
 
 
片岡利助
 
 
 
 
乾直建片岡久六桜井斎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
乾正聰片岡常七多田義徳
 
 
 
女子武林院塩見源助
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
乾信武片岡常七多田弥太郎泰量院塩見伴大夫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高野長蔵乾正成片岡勝次郎片岡精三郎小出れい
 
 
 
小出謙塩見信四郎足立治左衛門
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高野直作板垣退助片岡精七片岡清助
 
 
 
 
 
 
片岡千恵塩見峯太郎足立作蔵足立栄三郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高野成雄乾八重野
 
 
 
乾正士板垣鉾太郎浅野千代子片岡静
 
 
 
片岡五郎足立八五郎足立つま
 
 
 
足立七郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
川瀬徳太郎
 
 
 
川瀬美世子乾一郎
 
 
 
乾富美子片岡孝片岡美栄子
 
 
 
片岡誠足立忠太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
川瀬勝世[4]杉崎光世高岡真理子片岡正片岡永西島暁美
 
 
 
西島章次足立光宏
 
 
 
 

注釈[編集]

  1. ^ 但馬出石藩馬喰町(現 豊岡市出石町松枝)
  2. ^ 塩見氏は源姓小笠原長清の末流で、室町時代後期の丹波横山城福知山市)の城主塩見頼勝の三男、利勝の子、家利の子孫。塩見千恵は、旧出石藩士族塩見信四郎の長女
  3. ^ 婿養子で、実は丹波国氷上郡遠阪村の足立作蔵二男
  4. ^ 片岡孝 妻、のち離縁

関連項目[編集]

参考[編集]