和遥キナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かずはる キナ
和遥キナ
プロフィール
サークル 僕と君と架空世界と
公式サイト 和遥キナWEBSITE・僕と君と架空世界と
代表作
一般ゲーム 祝姫
アダルトゲーム あやめの町とお姫様
この恋、青春により。
挿絵 境界の皇女
近すぎる彼らの、十七歳の遠い関係
漫画 E☆2
雑誌企画 和遥高等学校
その他 初恋
テンプレートを表示

和遥 キナ(かずはる キナ)は、日本の男性イラストレーター立教大学文学部比較文芸思想コース卒業[1]。妻は小説家シナリオライター吉村りりか[1][2]

主にアドベンチャーゲームの原画やライトノベルのイラストなどを手掛け、とりわけ黒髪ロングヘアの少女像で知られる[3][4]。代表作に個人画集の『初恋』をはじめ、竜騎士07のADVゲーム『祝姫』、ライトノベル『近すぎる彼らの、十七歳の遠い関係』など、その他『E☆2』をはじめとする各種雑誌や軸中心派のタペストリーなどにイラストを提供。

来歴[編集]

西又葵との対談の中で、イラストレーターとしての原点について、周囲に女子がいない男子校で育ったことから制服姿の女子を描き始めたことがきっかけであると語っている[3]。高校生の時に美術部に入部。展示会に出展。イラストレーターを意識し始めた頃に『robot』に出会い、村田蓮爾鳴子ハナハルokama、およびよしづきくみちの『魔法遣いに大切なこと』の影響を受ける[5]

大学でも美術部で活動。短期間所属していた漫画研究会のメンバーに誘われて、大学1年生の時に『ラグナロクオンライン』の同人誌を出版[5]。以降は創作ものに軸足を移し「僕と君と架空世界と」という同人サークル名で活動しており、2010年からは『並行少女世界』シリーズなどを展開している。

コンシューマー系ゲーム会社に3年間勤務した後、フリーランスのイラストレーターとなる[1]。プロとして絵を描き始めたのは2009年から[3]アゾンインターナショナルから彼の監修になるオリジナルの人形シリーズとして和遥キナ学校制服コレクションが出されている。

妻である吉村りりかとの共作にライトノベル『境界の皇女』がある。和遥キナのペンネームは本人と妻の名前の組み合わせに由来[3]

作品リスト[編集]

単著[編集]

  • 和遥キナ『筆使いからわかる!SAIお絵かき上達技法』2012年 秀和システム
  • 和遥キナ画集『初恋』(通常版・限定版)2015年 廣済堂出版

ゲーム[編集]

  • 『あやめの町とお姫様』2013年 MORE(原画・グラフィック監修)
  • 『この恋、青春により。』2016年 MORE(キャラクターデザイン・原画)
  • 竜騎士07『祝姫』2016年 DMMゲームズ(キャラクターデザイン・原画)

ライトノベル[編集]

その他書籍[編集]

  • べたにゃ『人気美姫絵師に聞いてきた 彼らが巧くなった理由』2012年 秀和システム(表紙イラスト・インタビュー掲載)
  • ライトノベル作法研究所『キャラクター設計教室 人物が動けばストーリーが動き出す!』2012年 秀和システム(表紙イラスト)
  • デイビッド・セイン『もしもネイティブが中学英語を教えたら』2014年 アスコム(表紙イラスト)
  • 長尾昭子、デイビッド・セイン 『もう一度学ぶ日本語』2015年 アスコム(表紙・本文イラスト)
  • えんぴつ倶楽部編、サイドランチ編『絵師で彩る世界の名画』2016年 サイドランチ(表紙)

出典[編集]

  1. ^ a b c Information”. 僕と君と架空世界と. 2018年12月16日閲覧。
  2. ^ @kazuharukina, Twitter, 2015年7月6日
  3. ^ a b c d 「特集 和遥キナ 画集発売記念特別対談 西又葵×和遥キナ」『E☆2(えつ)ぷらす Vol. 10』、3 - 11頁、2015年12月28日
  4. ^ 「イラストレーター・和遥キナの初画集『初恋』が11月発売」『おた☆スケ』、2015年10月6日
  5. ^ a b Drawing with Wacom 018 和遥キナさんインタビュー”. ぷらちな. 株式会社多聞. 2018年9月25日閲覧。

外部リンク[編集]