原平市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中華人民共和国 山西省 原平市
簡体字 原平
繁体字 原平
拼音 Yuánpíng
カタカナ転写 ユェンピン
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
山西
地級市 忻州市
行政級別 県級市
建置 漢代
改編 1993年
面積
総面積 2,571 km²
人口
総人口(2004) 47 万人
経済
電話番号 0350
郵便番号 034100
行政区画代碼 140981
公式ウェブサイト http://www.yuanping.gov.cn/

原平市(げんへい-し)は中華人民共和国山西省忻州市に位置する県級市

歴史[編集]

秦代雁門郡が設置されたのが市域における行政区画の初見である。漢代になると太原郡の下部に原平県が設置され、後漢以降は雁門郡の管轄とされた。

410年永興2年)、北魏により原平県は現在の代県西部に移され(北斉により廃止)、秀容郡石城県が新設されている。隋代になると590年開皇10年)に石城県は平寇県605年大業元年)に崞県と改称され、唐代から金代にかけては代州の管轄とされた。元朝が成立すると1242年、崞県は崞州に昇格、冀寧路の管轄とされたが、1369年洪武2年)、明朝は崞県に降格、太原府(1375年に代州に移管)の管轄とし清末まで沿襲された。

中華民国が成立すると府制廃止に伴い1912年民国元年)に山西省直轄とされたが、北京政府が成立すると1913年(民国2年)に新設された雁門道に移管され、南京国民政府成立まで継承された。

1958年12月、崞県は原平県と改称、1993年6月に県級市に昇格し現在に至る。

行政区画[編集]

  • 街道:北城街道、南城街道、軒崗街道
  • 鎮:東社鎮、蘇竜口鎮、崞陽鎮、大牛店鎮、閆庄鎮、長梁溝鎮、軒崗鎮
  • 郷:新原郷、南白郷、子干郷、中陽郷、沿溝郷、大林郷、西鎮郷、解村郷、王家荘郷、楼板寨郷、段家堡郷

交通[編集]

鉄道

中国地名の変遷
建置 漢代
使用状況 原平市
前漢原平県
後漢原平県
三国原平県
西晋原平県
東晋十六国原平県
南北朝石城県(北魏)
平寇県
崞県
崞県
五代崞県
北宋/崞県
南宋/崞県
崞州
崞県
崞県
中華民国崞県
現代崞県
原平県
原平市