偏関県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中華人民共和国 山西省 偏関県
偏頭関
偏頭関
簡体字 偏关
繁体字 偏關
拼音 Piānguān
カタカナ転写 ピェングァン
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
山西
地級市 忻州市
行政級別
建置 五代
改編 1725年
面積
総面積 1,682 km²
人口
総人口(2004) 11 万人
経済
電話番号 0350
郵便番号 036400
行政区画代碼 140932

偏関県(へんかん-けん)は中華人民共和国山西省忻州市に位置する

歴史[編集]

五代十国時代後漢により設置された偏頭寨を前身とする。元代になると偏頭関明代には偏頭関千戸所が設置された。1725年雍正3年)に偏関県が設置された。

1958年に廃止となり河曲県に編入されたが、1960年に再設置され現在に至る。

行政区画[編集]

  • 鎮:新関鎮、天峰坪鎮、老営鎮、万家寨鎮
  • 郷:窯頭郷、楼溝郷、尚峪郷、南堡子郷、水泉郷、陳家営郷
中国地名の変遷
建置 1725年
使用状況 偏関県
五代偏頭寨(後漢)
北宋/偏頭寨
南宋/偏頭寨
偏頭関
偏関寨千戸所
偏関県
中華民国偏関県
現代偏関県