応県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中華人民共和国 山西省 応県
応県木塔(仏宮寺釈迦塔)
応県木塔(仏宮寺釈迦塔)
簡体字 应县
繁体字 應縣
拼音 Yìng Xiàn
カタカナ転写 インシェン
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
山西
地級市 朔州市
行政級別
建置 唐代
改編 1913年
面積
総面積 1,708 km²
人口
総人口(2004) 27.9 万人
経済
電話番号 0349
郵便番号 037600
行政区画代碼 140622
公式ウェブサイト http://www.yingxian.gov.cn/

応県(おう-けん)は中華人民共和国山西省朔州市に位置する

歴史[編集]

唐朝により設置された金城県を前身とする。五代十国時代後唐により応州の州治とされた。明朝が成立すると洪武初年に金城県は廃止され、管轄区域は応州直轄とされた。1913年民国2年)、州制廃止に伴い応県と改称された。

1949年から1952年までは察哈爾省の管轄とされた。1958年に廃止となり山陰県に編入されたが、1960年に再設置され現在に至る。

行政区画[編集]

  • 鎮:金城鎮、南河種鎮、下社鎮
  • 郷:鎮子梁郷、義井郷、臧寨郷、大黄巍郷、杏寨郷、下馬峪郷、南泉郷、大臨河郷、白馬石郷

古跡[編集]

  • 応県木塔(仏宮寺釈迦塔) - 代の建築。仏宮寺の境内にある。

出身者[編集]

中国地名の変遷
建置 唐代
使用状況 応県
金城県
五代金城県
北宋/金城県
南宋/金城県
金城県
応州
応州
中華民国応県
現代応県