南浅間町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 神奈川県 > 横浜市 > 西区 > 南浅間町
南浅間町
新天地桜会稲荷神社
新天地桜会稲荷神社
南浅間町の位置(横浜市内)
南浅間町
南浅間町
南浅間町の位置
南浅間町の位置(神奈川県内)
南浅間町
南浅間町
南浅間町の位置
北緯35度27分23.2秒 東経139度36分30秒 / 北緯35.456444度 東経139.60833度 / 35.456444; 139.60833
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市
西区
面積
 • 合計 0.164km2
人口
2018年(平成30年)2月28日現在)[2]
 • 合計 2,571人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
220-0074[3]
市外局番 045 (横浜MA)[4]
ナンバープレート 横浜

南浅間町(みなみせんげんちょう)は、は神奈川県横浜市西区町名[5]住居表示は未施行で、丁目は設けられていない[6]郵便番号は220-0074[3]。面積は0.164Km2[1]2018年平成30年)2月28日現在1,598世帯2,571人が暮らす[2]

地理[編集]

西区の西部に位置し、北東~南西にやや扁平な町域を持つ。北は浅間町4丁目、北東は新田間川を挟み岡野2丁目、東は帷子川を挟み西平沼町、南から西にかけては保土ケ谷区と接する。町の中央を南東から北西に国道16号が通る。住宅のほか商店や事業所が多く、北東部には横浜油脂工業の本社・工場がある[7]。南西部にある社宮司公園は、浅間町にある洪福寺の鎮守の社宮司大権現に由来する[8]。町内に鉄道路線はなく、西平沼町にある相鉄本線西横浜駅が最寄りとなる。浅間町の国道16号環状1号上にある洪福寺バス停には、横浜駅西口と保土ケ谷区旭区各地を結ぶ路線を中心に、路線バスが頻繁に発着している。町内の尾張屋橋際バス停には、保土ケ谷駅東口・藤棚方面から横浜駅西口・保土ケ谷車庫方面に向かう便のみ停車し、逆方向の便は通過する。

公立小・中学校に通う場合は、町内全域が横浜市立平沼小学校および横浜市立岡野中学校の学区となる[9]

歴史[編集]

かつては帷子川の河口の入り江に近く、帷子川沿いの一部は1761年宝暦11年)に開拓された宝暦新田(大新田とも)および1780年安永9年)の安永新田、北東端の横浜油脂工業の付近は1786年(天明6年)に藤江茂右衛門により開拓された藤江新田にかかると考えられている[10][11]橘樹郡芝生村、同神奈川町を経て1901年明治34年)に横浜市浅間町および岡野町の各一部となる[12]

1936年昭和11年)11月1日、横浜市神奈川区浅間町字大新田・鹿島・社宮司および岡野町の各一部から南浅間町を新設。町名は、浅間町の南方にあることからつけられた[13]1943年(昭和18年)に神奈川区から中区に編入され、1944年(昭和19年)4月1日中区から西区が新設された際には西区に編入された。町域の一部は1965年に岡野町の一部、1966年に西平沼町の一部を編入。1970年には浅間町および保土ケ谷区天王町との間で境界の変更があった[5]

新天地カフェ街[編集]

1932年(昭和7年)に櫻井染五郎により芦の茂る荒れ地が埋め立てられ、同年7月に新天地桜会稲荷神社が建てられた。この周辺には1933年に「新天地遊廓」ができた。1945年、20軒あった店は横浜大空襲により4軒を残して焼失した。戦後はカフェーが増え、赤線地帯の「新天地カフェ街」となった。新天地桜会稲荷神社は、1955年に浅間町公益質店舗前から尾張屋橋沿いの現在地に移転している。1958年(昭和33年)3月に売春防止法が制定されることになり、業者はその1か月前に一斉に自主廃業した[14]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 横浜市町区域要覧 (PDF)”. 横浜市政策局 統計情報課 (2016年3月31日). 2018年3月6日閲覧。
  2. ^ a b 西区町別世帯と人口(2018年2月28日現在の住民基本台帳・外国人登録原票に基づく)”. 横浜市統計ポータルサイト (2018年2月28日). 2018年3月7日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年3月6日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年3月7日閲覧。
  5. ^ a b (角川 1984, p. 841)
  6. ^ 西区の町名一覧 (PDF)”. 横浜市市民局. 2018年3月6日閲覧。
  7. ^ (角川 1984, p. 1027)
  8. ^ 西区そぞろ歩き 社宮司様と新天地”. 西区役所 (2011年4月1日). 2018年3月6日閲覧。
  9. ^ 小中学校等通学区域”. 横浜市 (2017年11月15日). 2018年3月6日閲覧。
  10. ^ (横浜西区史 1995, p. 90)
  11. ^ 岡野新田の開発に携わった岡野良親さんってどんな人?”. はまれぽ.com (2012年1月5日). 2018年3月7日閲覧。
  12. ^ (角川 1984, p. 451)
  13. ^ (市民局 1996, p. 55)
  14. ^ かつて西横浜駅界わいにあった歓楽街「新天地カフェ」とは?”. はまれぽ.com (2016年1月4日). 2018年3月4日閲覧。

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典 14 神奈川県』角川書店、1984年6月8日。
  • 横浜市市民局総務部住居表示課『横浜の町名』、1996年12月。
  • 『県別マップル14 神奈川県道路地図』昭文社、2016年、第6版、12頁。ISBN 978-4-398-62683-7
  • 『ものがたり西区の今昔』西区観光協会、1973年7月2日。
  • 『区制50周年記念 横浜西区史』横浜西区史刊行委員会、1995年3月31日。