加藤淳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

加藤 淳(かとう じゅん、1961年7月17日 - )は、東京都出身のデザインプランナー・クラシック音楽評論家。東海大学国際文化学部デザイン文化学科(札幌キャンパス)客員教授

略歴・人物[編集]

立教高等学校(現・立教新座高等学校)、立教大学文学部卒業。

1984年、株式会社日本デザインセンター入社。 同社の内部専門機関「CIデザイン研究所」のプロデューサーとして、阪急電鉄茨城県新潟県など日本を代表する一流企業、自治体のCI やブランドデザインを40社以上担当。

1998年に独立し、加藤淳事務所を設立。エコツーリズムの促進に関わるデザインや、行政施設のデザインモデルを提示するなどの活動を行う。 企業関連のデザイン作品としては「ジョージア」「アサヒビール」のロゴ製作があり、冬季オリンピックのデザインディレクター、「JTB CIリメイク計画」、「大塚製薬ポカリスエットブランドデザイン・システム」、「フェリス女学院VI」ほか多数。

その他の活動[編集]

川俣正との共同活動[編集]

本業である商業デザインやテレビ等における活動のほか、現代美術家川俣正によるワークショップのプロデュースも担当している。1984年に川俣と出会い、その後福岡県田川市で開催されているワークショップ「コールマイン田川」に川俣と共同参加。また豊田市美術館愛知県豊田市)が2000年2004年に川俣をメインに据えて実施した「ワーク・イン・プログレス豊田」に総合プロデューサーとして参加した。

メディア出演[編集]

番組[編集]

CM[編集]

ドラマ[編集]

著作[編集]

外部リンク[編集]