前川かずお (絵本作家、漫画家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

前川 かずお(まえかわ かずお、1937年9月5日 - 1993年1月13日[1])は、日本絵本作家漫画家大阪府大阪市出身。本名の前川 一夫名義による作品もある。少年誌や学習誌、幼児誌、新聞などにユーモア作品を発表。挿絵、漫画ルポ、パノラマ漫画など幅広い分野で活躍した。漫画家としての作品に『ばけばけ5』『にっこりよこちょう』などがある。

経歴[編集]

大阪市生まれ。大阪市立工芸高等学校建築科を1年で中退し、印刷会社やデザイン会社などに勤務しつつ、漫画を修業。17歳のとき貸本漫画でデビュー。林田けんじ東大助のペンネームで貸本漫画『謎の広告塔』『黒い猫』などを描き下ろす。馬場のぼるを慕って上京し、馬場の紹介で小学館学年誌にデビュー、『小学二年生』などにユーモア漫画を発表。1960年花登筺原作の『番頭はんとでっちどん』『崑ちゃん捕物帳』を連載し、ヒューマニズムに基づくほのぼのとした明るい作風で人気を博す。

1965年、『パキちゃんとガン太』『マーちゃんとミーちゃん』により第11回小学館漫画賞受賞。なお、後者の双子の主人公「山川マミ・ミヨ」は、前川自身の双子の娘がモデルとなっている。1970年代以降は絵本作家として活動。1974年から、やなせたかし手塚治虫たちと共に漫画絵本の原画展を開催。1976年イタリア・キエティ商工会議所賞受賞。1982年、『絵巻えほん 川』により第11回日本漫画家協会賞優秀賞受賞。

1978年から那須正幹作『ズッコケ三人組』シリーズの挿絵を担当。そのきっかけは、小学館学年誌に連載していた『にっこりよこちょう』のイメージが『ズッコケ三人組』によく合うとの理由で那須から特に指名を受けたことだった。それまで日本の児童文学界では漫画家に挿絵を描かせる前例がなかったため、このシリーズにおける前川の挿絵は保守的な児童文学観の持主から反撥を受け、同シリーズが図書館に初めて購入された時も「漫画」を図書館の蔵書に入れることの是非について論議を呼んだ。

師・馬場のぼるの住む東京都練馬区に昭和30年代から居住し、自宅の庭での家庭菜園を趣味としていた。1991年6月[2]に急性白血病と診断され、東京都港区の虎ノ門病院に入院。体調悪化のため、第25作『ズッコケ三人組の未来報告』が遺作となった。入院中、坂井宏先(後のポプラ社社長)の提案で第26作『ズッコケ三人組対怪盗X』以降の同シリーズの挿絵を高橋信也に引き継ぎ、シリーズ完結前に急性白血病のため、1993年1月13日17時15分、死去。55歳没。同年7月17日には漫画家絵本の会の主催により「前川かずお氏追悼の会」が、生前前川が愛した銀座のバー「ナポレオン」で開かれた。

所属団体[編集]

作品[編集]

絵本[編集]

漫画[編集]

  • 『謎の広告塔』
  • 『黒い猫』
  • 『番頭はんとでっちどん』
  • 『崑ちゃん捕物帳』
  • 『おいらは新聞記者』
  • 『やじうま君』
  • 『やじうま小僧』
  • 『にっこりよこちょう』
  • 『マミちゃんの大阪だより』
  • 『マーちゃんミーちゃん』
  • 『こぶたのだんぷ』
  • 『はやうちどんぱ』
  • 『パイナップルパイナちゃん』
  • 『おとぼけきょうだい』
  • 『パキちゃんとガン太』(『小学三年生1965年6月号 - 1966年3月号)
  • 『ハローパキちゃんです』
  • 『どんぶりくん』
  • 『がたろう横丁』
  • 『となりどうしのきょうだい分』
  • 『ポンポンタンタン』
  • 『ピッグボーイドンちゃん』
  • 豊臣秀吉─天下の統一』学習研究社1979年
  • 『こども常識事典:まんがでべんきょう』(第1巻)ポプラ社1985年
  • 『ばけばけ5』(全9巻)草土文化、1987年 - 1989年

挿絵[編集]

紙芝居[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 石井直人宮川健郎編『ズッコケ三人組の大研究ファイナル』p.213(ポプラ社2005年)での坂井宏先の記述による。死去日が1992年12月31日という情報は誤り。
  2. ^ 前川の発病入院の時期を坂井は『ズッコケ三人組の大研究ファイナル』の中で1992年7月としているが、那須は『ズッコケ三人組の大研究II』のp.8やp.278で1991年6月としている。