川崎大治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
川崎大治
誕生 1902年3月29日
北海道
死没 (1980-08-08) 1980年8月8日(78歳没)
職業 童話作家
国籍 日本の旗 日本
教育 学士(文学)
最終学歴 早稲田大学文学部
活動期間 1929年 - 1980年
文学活動 プロレタリア児童文学
代表作 『小さい同志』(1931年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

川崎 大治(かわさき だいじ(たいじ)、本名:池田 政一(いけだ まさかず)[1]1902年3月29日 - 1980年8月8日)は、日本の児童文学作家プロレタリア児童文学の運動にも関わった[2]

略歴[編集]

童話作家協会の集会。中列の一番右が川崎。

北海道札幌市で生まれた。幼少期は巌谷小波に関心をもち、図書館に通って巌谷の本を二百冊以上読んでいた[1]。1919年に中学校を卒業後に上京、巌谷小波のもとを訪ねて師事。早稲田第二高等学院を経て早稲田大学文学部英文学科卒業。在学中に大杉栄の全集を読んで影響を受け、早大童話会にも所属していた。また巌谷の翻訳業の下請けをして学費や生活費を稼いでいた[3]。 1926年に早稲田大学を卒業後、東京大学文学部の聴講生として通い、サンスクリット語などを学んだ。1929年に新興童話作家連盟に加入、童謡などを発表した。

1930年に、日本プロレタリア作家同盟に加入、『戦旗』などに作品を発表した。また1931年に、槇本楠郎との共著で『小さい同志』を刊行。直ちに発売禁止となった。1933年に検挙され、留置場生活を送ったが、同年中に釈放。なお、留置場生活中に巌谷小波の死を知ることとなった[4]

1935年童話作家協会に加入。『文学評論』などに作品を発表していた。1937年に結婚し、1942年に長男が誕生、つづく1943年に次男が誕生[5]。戦時中は一時東京都西多摩郡に疎開していたが、1952年から再び一家揃っての生活を送った。戦後、日本児童文学者協会の設立に関わり、後年同協会の会長も務めた。

1962年、東京家政大学の講師となり、翌年教授に就任。このころから民話の研究なども進め、各地の民話を収集した。

1976年に脳内出血で入院し、年末に退院[6]。1980年8月8日、死去。

主な著作[編集]

  • 『小さい同志』(1931年、自由社、槇本楠郎との共著)
  • 『マキバノウタ』(1944年、泰光堂)
  • 『ムラノコドモカイ』(1947年、啓文館)
  • 『こぐまのぼうけん』(1947年、啓文館)
  • 『トロッコと木いちご』(1957年、青葉書房)
  • 『織田信長』(1959年、偕成社
  • 『おはなしだいすき』(1964年、童心社
  • 『夕焼けの雲の下』(1970年、大日本図書
  • 『日本のふしぎ話―川崎大治民話選』(1971年、童心社)
  • 『かじかびょうぶ』(1975年、童心社) - 絵は太田大八

脚注[編集]

  1. ^ a b 『日本児童文学体系30』 p.602
  2. ^ 『日本児童文学体系30』 p.536
  3. ^ 『日本児童文学体系30』 p.603
  4. ^ 『日本児童文学体系30』 p.604
  5. ^ 『日本児童文学体系30』 p.607
  6. ^ 『日本児童文学体系30』 p.613

参考文献[編集]