小沢正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小沢 正(おざわ ただし、1937年9月27日 - 2008年4月)は日本児童文学作家

東京都出身。早稲田大学教育学部卒業。在学中に早大童話会から改名したばかりの少年文学会に所属。同会の山元護久と同人団体、ぷぅの会を立ち上げる。

1965年に7本のシリーズ読み切りを収録した初書籍『目をさませトラゴロウ』が、パワーあふれるブラックユーモアな出世作となり、NHK児童文学奨励賞受賞。

享年70。2008年8月、調布市文化会館たづくりにて「小沢正さんを偲ぶ会」が開かれた。

著書[編集]

童話・絵本[編集]

代表的な作風として、擬人化された動物を描いた作品、特に動物でありながら洋服を来て、家やビルの建つ現代社会で人間のように生活している設定の作品が非常に多い。主人公ではキツネ次いでブタ、さし絵のコンビは佐々木マキが多い。

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行

昔話採話・伝記など[編集]

解説・児童文学研究など[編集]

古田、寺村、神宮も早大童話会出身である。

翻訳[編集]

その他[編集]

  • 『キツネはかせのへんなカレーライス』ではコンピュータRPGがテーマとなっており、あとがきでは小沢もコンピュータRPGに熱中している事が語られている。同作の設定では蘇生の呪文に「コダルト」という言葉が使われるなど、『ウィザードリィ』の影響が確認できる。

外部リンク[編集]