全国自治団体労働組合連合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
全国自治団体労働組合連合
(自治労連)
設立年月日 1970年昭和45年)
国籍 日本の旗 日本
本部所在地 114-8508
東京都北区王子本町1丁目15番22号北区役所地下1階全北区職員連絡協議会事務所内
加盟組織 日本労働組合総連合会
公務公共サービス労働組合協議会
支持政党 国民民主党
公式サイト 全国自治団体労働組合連合

全国自治団体労働組合連合(ぜんこくじちだんたいろうどうくみあいれんごう、略称:自治労連(じちろうれん))は、地方公務員が加入する労働組合の連合組織のひとつである。日本労働組合総連合会(連合)、公務公共サービス労働組合協議会(公務労協)に加盟している。

概要[編集]

  • 本部所在地:東京都北区王子本町1丁目15番22号
  • 中央執行委員長:関谷 明治

1970年に旧総評日本社会党支持)加盟の全日本自治団体労働組合(自治労)、全日本水道労働組合(全水道)および日本都市交通労働組合(都市交)から離脱した労働組合により結成された労働組合の連合体である。

同盟加盟(当時民社党支持)の労働組合であるが、現在は自治労、全水道、自治労連は連合に加盟、都市交は連合に加盟していたが、自治労と組織統合した。官公労系の組合としては右派であり、支持政党も立憲民主党より国民民主党に近いとされる。

全国労働組合総連合(全労連)加盟の日本自治体労働組合総連合(「全労連・自治労連」)と区別するために、現在は「連合・自治労連」(かつては「全官公・自治労連」)という略称が使われることもある。まぎらわしいが、両者は全くの別組織であり、考え方も全く違う。なお、一般に自治労連というと、組織規模で勝る日本自治体労働組合総連合(「全労連・自治労連」)を指すことが多い[要出典]が、「自治労連」という略称は、こちらの方が先に名乗っている[要出典]

歴史[編集]

加盟組合[編集]

28組合が加盟しており、1組合が準加盟となっている[1]

脚注[編集]

  1. ^ 全国自治団体労働組合連合ホームページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]